秋深まる頃の肩こり

さて、今冬は暖冬らしいと言いますが・・・
西日本は暖冬らしいが東日本は平年並みとも言うし
猛暑の年は大雪になるらしい・・・
はたまた、9のつく年は暖冬だという説まであるらしいです。
今年は予測が難しいようですね

寒くなるとみなさん体調を崩しやすく
年末になって駆け込んで来られる方もいて
忙しくなるのですが・・・
今の時期はまだまだ日が差せば暖かいと感じる日もあります。
それでもうっかりすると風邪をひいてしまいます。

「夏の疲れ」に「気温の変化」で
体は体温調節などに忙しくしている為
免疫力も低下していることが考えられます。

通常、
皆さんの身体の中ではそれぞれの細胞や脳が
日々、一刻一刻と体の調整に追われていますが
この時期は
疲れた身体(夏の疲れ)で、いつもよりも仕事量が増えている(気温差が大きい為)状態
と、考えると分かり易いと思います。
年齢や環境により、夏の疲れも尾を引いている方が多いようです。

でも、せっかく寒くもなく暑くもないこの時期は
お出かけが楽しくなる季節ですよね♪
普段からしっかり休養をとり、無理のないスケジュールで
秋を楽しんでくださいね。
美味しいものが多くなる季節でもあります。でも食べ過ぎてしまうと
内臓も疲れてしまいます。ほどほどにしましょうね(^^)/

そして、
血行が悪くなるこの季節は「肩こり」「腰痛」にも
気を付けて下さいね。
ミモザ整体院に来られる患者様も
この時期「肩こり」の相談が多くなります。
体調はいいのに、肩こりが・・・と言われますが、
お話を伺うと、やはり疲れがたまっているようです。
肩こりの自覚がない頃から少しずつ進んできているようです。

「そういえば重い」から「なんかだんだん、痛くなってた」
と体の疲れがたまってくると共に・・・
寒さが増してくると共に・・・
やっと自覚して来るようです。
(万年、肩張ってるよという方もいらっしゃいますが・・・)
寒さで段々と血行も滞りがちです。(要注意!)

体をみれば推測できますが
日頃の姿勢、働いてる時など普段の動きのクセなどチェックして、
その方に合った運動法も指導していますので
改善してからが違います♪
それに、「やっぱり、もっと早く来ていればよかった」と言って帰られます。
肩こりは根本的な改善が必要になってきます。

どうして、痛くなるのか?
痛みの本当の原因を突き止めます。
お気づきの事があれば、ご相談ください
ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

私はまだ寒くないこの時期に大掃除を大方済ませます。
次の日に影響しないように気を付けたいと思います。

「忙しい」は変えられる

マインドフルネス♪
忙しい現代人。
忙しいから考える時間がないのか・・・
考えたくないから忙しくしているのか・・・

向き合いたくない自分と向き合わざる得ない事柄
それらに恐れていると、忙しい事がいい訳になります。
結論を出さないでいる事が許されてしまうから。
どこかで楽になっている。

でも、時間は過ぎていきます。
そして他者を巻き込んでいればやはり良くないですよね。
もちろん、自分にとっても。

自分に向き合うという事はとても大変な事。
本当の自分を直視するのは勇気がいる事です。
今置かれている状況、
自分の本心、
未来の事、
ちょっと混乱していしまうかもしれません。

人生は選択の連続。
先延ばしにしていても結局は逃げきれない。
そして、
そんな決断をする時に
ストレスがあれば悪い思考や感情が連鎖し
正しい思考を邪魔します。
問題解決を急いでしまい
自分らしい判断ができなくなることも・・・

マインドフルネスは
自己理解を深めるにも有効な手段になりうるので
冷静さを取り戻し
より良い判断に導く手助けになると言えます。

今、あなたは
人の親切を素直に受け入れることができますか?
人の話に集中し注意を向けて聞くことができていますか?
目の前にいる人の顔をしっかり見て相手を思いやることができていますか?
良くない(自分を悲しませる)思いをもっていませんか?

思い当たる時はストレスがありそうですね。
その状態が長く続いているのなら
改善させることが必要です。

忙しいを言い訳にして
大事な人生を悲しものにしないでくださいね。

ミモザ整体院 HP

香りと記憶

「赤毛のアン」
有名な長編小説なので、一度は読んだことがある
という人も多いのではないでしょか。
ちょっと独特な表現、描写が印象的で
豊かな想像力でどんな時でも明るく、
その純粋さで周囲の人も巻き込み
運命を受け入れ、でもあきらめない
たくましく生きる主人公が描かれた作品ですが

とても香りを感じさせる本でもあります。
リンゴの花、もみの木、クローバーの草原、
庭の花やハーブ、日常の食事風景も・・・
それらがアンの想像力で
今にも香ってきそうな程に
表現されています。
テーローズやミント香りも
アンにかかると、歌と希望と祈りになるらしい・・・

皆さんの「希望」を連想させる香りはなんでしょう?
香りと記憶は深く結びつきます。
鼻から入ったにおい成分が大脳辺縁系に到達します。
大脳辺縁系は偏桃体(本能的行動や感情を司る)
そして海馬(記憶を司る)とも近くに位置している為、
香りは記憶や情動と関連すると言われています。
懐かしい香りをかぐと、記憶と共に感情までもが呼びおこされる。というよりも、
感情と結びつく為に記憶がより鮮明になるという方が自然かもしれません。

いい記憶に結び付く香りを想像するだけでも
ホッと安らかな気持ちになれるかもしれませんね・・・
もしくは、忘れたくないことがあれば、何か好きな香りを一緒にインプットしとけば
後からその香りをかぐだけで、その記憶をすぐに呼び起こすことができそうです。
何か特別なイベントの時には香りもワンセットで演出してみてはいかがでしょうか?
香りの中には体や心も癒すものもあります。

医者に行っても良くならない、わからないといった症状にも・・・
ミモザ整体院 HP