船橋、北習志野、ミモザ整体院。頭蓋骨セラピー

瞼の痙攣の患者様。
治療を中断し、先日台風の被害があった場所へ里帰りしておられ
大変だったようですが。
とっていたチケットの航空会社がちょうど運航を再開した当日に
乗機予定だったという事で、難なく帰ってこられたということでした。
(私もご無事をお祈りしていました)
お疲れが出ていたようでしたが、頭蓋骨調整をじっくり行うと
動きがよくなり元気がでてこられたようでした。
継続した施術がまだ少し必要そうですが頑張っていきましょう!

瞼の痙攣、
一見カイロプラクティックや整体と結びつかないように
思われるかもしれませんが、
瞼を動かす筋肉を支配する筋肉に関わる神経に悪さをしているとなると
脳神経が考えられます。
その神経に影響を与えているのは
身体全体のバランスを崩し体の傾きに関連すると考えられます。
それから年代における体の調整や、疲労、食生活など
体全体のバランスが関係すると私は見ています。
上記の関連性や脳神経の説明をし、イメージ化してもらい
身体の整え方も伝えました。

年代的に心配事が多くな時期でもあるので、ストレスも影響していると思われます。
広範囲にわたりますが、身体のバランスを崩すということはこういうことなのです。
そして健康とはそれら沢山の要因が重なる事でバランスを崩し
また長期化すればそれぞれの要因は複雑に絡み合い、改善に時間が掛かることになります。
当院では丁寧な検査を重ね原因を絞り込み、より早い改善を目指しています。

只今、すでに行っている頭蓋骨調整を更にグレードアップさせる為に
脳についての勉強を強化しています。
脳静脈、脳葉、脳神経、脳膜、大脳鎌、小脳鎌、小脳テント
脳機能、脳の働き、脳生理学、脳科学・・・
ブログの方は滞っていますがパワーアップ中です。
頭蓋骨の歪みは脳脊髄液の循環に関わり
集中力U、脳の老化、痴呆症にも影響があるとカイロプラクティックではみています。
つまりは、若さや美しさを左右しかねない!!
ミモザ整体院では健康の源「頭蓋骨セラピー」に力を入れています。

船橋、北習志野の整体。足元から安定させる!

アーチが落ちた偏平足。
足の指の運動だけではアーチは戻りません。
足のアーチに関わる筋(アーチを引き上げる筋、アーチを決めている筋)前脛骨筋等・・・
のバランスが崩れると、
足首が外に傾きスネが外に張り出し、膝よりも膝下が外に張り出します。
膝にも影響する事があります。
また、逆に傾くと扁平になりX脚になることもあります。
こちらも膝に影響してきます。
そのまま、膝の上部にあるモモの筋肉のアライメントに繋がります。
つまりはそのモモにつく骨盤の歪みになっていきます。
そして、その上部の背部や首に、それから頭部や顔の筋肉にまで影響します。
窮屈な靴や緩すぎる靴、歩き方のクセ、筋力の低下などで足の筋肉のバランスが悪いと
全身のバランスを崩すことになります。
触診で筋バランスの違いはすぐに分かります。骨盤もそれに連動していることもわかります。

足の骨(足首より下にある骨)のアライメント自体が原因の時もあります。
逆に上部の歪みが足に影響する。という事もあります。
つまりは、どこに変位(整っていない状態)、不具合があるのかによります。
不具合という状態がそのまま原因になるのか、
実は別に原因があるのかは、検査をして施術を重ねていくしかありません。

それでも、人は歩き、足で立つことが日々生活していく上でのベースになります。
まず足を整えてあげることで、その上部での不具合がどう影響していくが、変化があるかで
問題点が明るみになって来る事があります。
ですから、足元から鍛える事も指導しています。(お体の調整が済んだ患者さまに向け)

真っ直ぐ歩いていないような気がする。
歩いていると両方の足で違う感覚がある。
足がつりそうになる。もしくはよくつる。
膝下が曲がっている。(生まれつき骨の変形がある場合は範疇外になります)

等の症状があるが場合は、ご相談ください。
ミモザ整体院 ➡ HP

船橋・北習志野・ミモザ整体院「頭が重い」「体がだるい」「耳鳴り」の患者様

台風で体調を崩された方が多くいらしたようで、
当院に来られる患者様は口々に「調子悪かった・・・」と言われていました。
腰痛や肩こり、自律神経の不調が起こるだけでなく、
身体の奥の方でねじれを起こし頭痛などの症状が出る方も多くいらっしゃいました。
個人的には台風の後からやけに湿度が高いような気がします。
次から次に台風が発生した影響でしょうか。
ジメジメの一週間、猛暑もきついですがこの残暑の湿度はこたえます・・・
夏の疲れがでる頃なので、皆様無理なさらずに早めの対策を心がけて下さいね!
症状がひどくなる前にご連絡下さい。お待ちしています。

「頭が重い」「体がだるい」「耳鳴り」と言われて通われていた患者様が、
転職し、引っ越しもした為にしばらく来られない状態でしたが
(私も気になっていましたが・・・)久しぶりに来られました。
「ずっと調子はよかった」という事でした。一安心です。
休みには遊びに行ったりもして順調なようでした。
お体を見るとハリがありだいぶ疲れもたまっているようでした。

身体のねじれを取り脊柱を起こしていくと緊張はとれ反応もいいです。
転職前にできる限り施術の回数をしておいたのが功を奏していたようです。
慣れない所での仕事なので緊張があるようです。
住まいも変わったので私生活もすべて慣れない事尽くめのようですが
頑張っているとのことでした。
頭蓋骨の調整を念入りに行い身体の緊張がとれるポイントをお伝えし、施術を終えました。
だいぶ遠くになってしまいましたが、元気に働く為にしっかり良くしていきましょうね♪

次回のご予約も入れてお帰りになりましたが、こういう場合、
ムリして来ても替えって疲れてもいけませんし、身体が楽になるから施術を受けた方がいいという事とどっちをとるかのぎりぎりの決断になる場合もありますが、基本「患者様の一番いい状態」という事を考えます。

施術を受けることが第一ですが疲労は、休息が一番です。
休息しようにも体に力が入ってしまい体が休めないようでは意味がないので施術が必要ですが
本人が眠れる状態で休息を必要としているのであれば施術よりも体をとにかく休ませることが先になることもあります。
要するに、患者さんにとって何が一番いいのか?が選択の基準になります。

ただ、今迄の様々な経験により言えるのは、
本当はつらいようでも施術を受けることが結局は一番なように思います。
身体が休める状態にしてあげると、回復力も断然違ってくるのです。
後々その違いは明らかになってきます。
「調子が悪いから今日は施術はやめておく」のではなく、
「調子が悪いから今日は施術を受けます」が、より良い選択になると皆さんが実感されています。