春のデトックス。ラベンダー。

アロマな話
最近気になる香りが「ラベンダー」
なんだかド定番で、アロマと言えば・・・の代名詞な感がありますが。
ラベンダーの対応力は他の精油と比べ、ずば抜けています。
鎮痛、沈静、鎮痙、消炎、皮膚再生、抗菌、防虫などの効能が期待できるされています。
心への作用も実証されていて、気持ちを静め、リラックスさせると言われ、古くから不眠に用いられてきました。
時差ぼけや生活のリズムが狂ってしまったときにはお助けアイテムになると思われます。
最近では痴呆やボケ防止にも使用する事もあるようです。
そして上記の対応力から、頭痛、肩こり、腰痛、筋肉痛の解消、便秘、分娩を促す働き、やけど(軽症)、日焼け後にもいいとされ、日々のスキンケアまで広範囲で使用できます。抗菌作用から水虫が治ったケースもあると聞きます。
万能でありながら作用が穏やかなので、子供にも安心して使用できます。
(その際は低濃度で使用し、持病やアレルギーのある方は医師に相談しましょう。
皮膚に使用する場合は必ず、オイルで1%濃度以下に薄めて塗布してください。)

と、幅広く使える精油なので、私が勉強させていただいたアロマの先生も
「旅行に一本持っていくとすれば迷わずラベンダーを持っていく」と言われていました。
私は、好きな精油が一番。と答えるけれど、それでも選べないのなら、やはりラベンダーをすすめるかも知れません。
(嫌いでなければ・・・ですが。いくら良いものでも嫌いなのは苦痛でしかありませんから)

排泄作用もあるので、この季節とてもなじんでくるようです。
溜め込んでしまった冬の身体からいらなくなったものを排出させる為に使用してみてはいかがでしょう。
本当にすっきりしますよ。
メイク落としのoilにラベンダーを入れると色々な物まであらわれるよう・・・
マッサージオイルに使用し、リンパマッサージもおすすめですし、
部屋に香らせて、マッサージもいいかもしれません。
石けんやボディーソープをラベンダー入りの物にしてもさっぱりしますよ♪
また、春になって新たな始まりの為にいらないものを手放すのにも助けになるかもしれません。
ラベンダーにはそんな力が込められているようですよ・・・
アロマは初めての人にも、慣れ親しんだ人にも改めてこの香りをから何かを再発見してほしいと思います。
という事で、ミモザ整体院では今週、「ラベンダー」を焚いています・・・

春の身体へ

ひな祭りも過ぎ、今日は啓蟄。
冬の寒さで土に潜っていた虫たちもようやく動き出す頃だそうです。
春近し・・・
たけのこもそろそろ出回るようで楽しみです。
山菜もこの季節ですね。春は苦いものが体にいいと言います。
苦味で体を目覚めさせるようですが
山菜が苦手な人は、マーマレードはいかがでしょうか。

マーマレードに使うオレンジは普通のオレンジでなく、「ビターオレンジ」
苦味更に倍増。何度も煮ては水を変えを繰り返し好みの苦さに・・・
生ではとても食べられないというビターオレンジ。
でもイギリスでは絶対にビターオレンジ出ないとだめらしい・・・
イギリス人は何故にビターオレンジにこだわる?最初に食したのがそれだから??
苦味のとりこ・・・??
確かに苦味全部を取り去ったら風味がなくなりマーマレードでなくなる。
風味が強いから好まれるのでしょうか?

雨模様の多いイギリスは日照時間も少なさそうですから柑橘系の太陽を思わす色に惹かれたりするのでしょうか。
日照時間の少なさとウツとは関連性があるとも言われています。
オレンジの香りには気分を高揚させる作用があると言われます。
そうそう、ビターオレンジの花は有名な精油ネロリの材料。ネロリは癒しの効果が絶大だと言われますが
オレンジよりもビターオレンジに惹かれるのはその辺りの由縁??かはさておき、
ペクチン含有量がビターオレンジの方が多い様なのでまさしくジャム向き・・・

ジャムといったら
個人的には「何故にそのままで美味しいフルーツを、あんなに砂糖まみれにするのか理解不能」なのですが
マーマレードは別物。夏ミカンもオレンジも皮をそのままじゃ食べらないから・・・
だったら何で皮なんて食べるの?と言われそうですが・・・
最近はレモンマーマレードや夏ミカン、甘夏等色々ありますよね。
たまに夏ミカンをいただくので夏ミカンマーマレードを作ったことがありましたが
今年は伊予柑でつくってみました。苦味を抜く作業が少なく済みました。風味がぜんぜん違います。
色々な柑橘で作ってお気に入りを見つけたいです♪

自分で作ると大量の砂糖を入れることに驚きます。
ジャムだけでなくお菓子が好きでよく食べる人は一度自分で作るといいですよ。
バターや砂糖がこんなにも入っているということを知っておいた方がいいから・・・
知らずにとっていたら悲劇・・・
自分で作ると糖分の種類もミネラル入りの物(少しでも体にいい物)を選べるし、量も調整できますしね♪
話はそれましたが
この季節、確かに苦味が美味しく感じます。
キンカンもおすすめ。まんま皮そのものですね。
苦味としてその他にもゴボウ、らっきょう、ゆり根等

マーマレード分析とアロマの話を少しとお菓子には大量の砂糖が入っているといった話になりましたが・・・
体の中から春の準備をし、身体を季節の変化になじませてあげると
冬に慣れた状態の身体から春の身体への移行がスムーズに進みます!
季節の変化についていけない人は是非トライしてみて下さいね。
意識も大事なので、春をイメージしていくのもいいですよ。
春に花を見に行こう!
春からこんなことはじめたい!
春になったらこんな服着てみたい!等々・・・

それぞれ好みの苦いもの食べたり、それぞれの春をイメージして、
冬の身体を目覚まし、気持ちのいい春を迎えましょう♪

ラベンダー

暑くなりましたね。
外線も強くなった為
院内のアロマはレモンからラベンダーに変更してます。
ラベーンダーアロマオイル

柑橘類の皮にはソラレンという光毒性物質が含まれ
シミなどの皮膚障害になる恐れがあります。

oilなどで希釈し直接皮膚に塗り日の光を浴びなければ
芳香浴位ではそんなに影響はないのですが(下記参照)
芳香させた微粒子が肌に付着しないとも言い切れない為
夏の間は光毒性のある精油は使用していませんので安心してください。

ちなみに
光毒性が肌に起こる濃度は(レモン2%グレープフルーツ4%です。光毒性強いと言われるベルガモットで0.4%~ベルガモットは当院では使用していませんが、不安や緊張を和らげ心を落ち着かせたり精神的な疲れや思考を明るく元気な気持ちにしてくれると言われる優れた精油です)
oilで希釈し肌に直接塗るアロマのoilトリートメントでも1%の濃度です。
方向浴では水100mlに3滴程(1滴0.05ml)を広範囲に拡散しているので心配はないと言えます。

ただ、気分的に・・・例えば、肌にシミを見つけた時「そう言えばあの時レモンの精油に触れたような・・・」なんて不安や後悔の要素はよくないと思われますので・・・念のため。。。

前置きが長くなりましたが・・・
ラベンダーがシーズンですよね。
好き嫌いもあると思いますが精油としてはとても万能で、
安眠などは有名ですが
沈静、鎮痛、消炎、皮膚の再生、咬筋、防虫、生体リズム調整等・・・筋肉痛、便秘、分娩などに利用されていたり(痛みを減らしながら分娩をそくす)、スキンケアややヘアケア、水虫の改善などにも利用されるそうです。
旅行に一本持っていくと、疲労がとれ、筋肉痛をとり、虫刺され虫よけ、皮膚トラブル、スッキリ安眠で・・・何かと便利そうですね。(もちろん希釈して使いましょう。精油の扱いは自己責任において事前によく調べてからご使用されますように)

ラベンダーと言えば富良野が有名ですが、群馬や埼玉でも見れるそうです。
以前、河口湖のラベンダーファームに行きましたが湖のすぐ前に咲くラベンダーはキレイでした。
暑いこの時期、青紫のカラーもも涼しげでいいですね。

休みを変更しましたので、本日日曜ですが営業です。(日曜は午後5時までの受付です)