船橋、北習志野の整体院「ゆずシードオイル」

アロマの話
「ゆずシードオイル」
果皮を圧搾してとれる精油ではなく、
種子から絞られたオイル。
実はシードからはあのユズの芳香はしないというのですが
アロマの会員誌を整理していて見つけました。
「何だか、体によさそう・・・」↓

ゆず1000kgから、わずか1リットルしかとれないというこの希少なオイルは、
日本経済新聞によると、
ヒトの肌にゆず種子オイルを4週間にわたり塗布することで、メラニン量の低下が確認され、
 また、メラニン合成酵素「チロシナーゼ」の活性を阻害する働きがあるそうです。

調べてみましたが・・・
シミの原因と言われるメラニンですが
メラニンはそもそも、肌を黒くすることで有害な紫外線を肌の奥まで届かないように、
防御の働きをしてくれています。ただ、ターンオーバーで古い肌と一緒に排泄出来なくなると
肌に沈着しシミとなってしまうもので、
ホルモンバランスの変化や肌荒れ,紫外線,老化等など新陳代謝に問題があると起こります。

メカニズムを細かく言うと
チロシンという物質がメラニンに変化しますが、
そのチロシンの変化には「チシロナーゼ」という酵素。
ゆずシードオイルはこのチシロナーゼの活性を阻害し、

また、(実験によると)
線維芽細胞の増殖を促進し,皮膚細胞の増殖を促進することが示唆された事により、
(真皮成分であるコラーゲンの産生増加あるいは線維芽細胞の増殖)
つまりターンオーバーを促進させることが期待できるようです。

シミ改善だけでなく、お肌自体にいい作用がありそうですね

肌に塗布して使用されるので、アロマテラピーの基材としてキャリアオイルに使用でき
そのまま美容オイルとして使われるようです。

60%はオレイン酸とリノール酸が含まれ、
 ・オレイン酸はヒトの皮脂の中で最も多い成分。オリーブオイルや椿油にも豊富に含まれ、
 ヒトの肌や髪になじみやすく、また蒸発しにくいため、美容オイルとして使われます。
 ・リノール酸は保湿・抗炎症作用があると言われています。

お肌だけでなく、
抗酸化作用により活性酸素除去する事から、
活性酸素による疾患とされる、動脈硬化、がん、アルツハイマー認知症などの
予防にも期待できるようです。

今迄廃棄していたものから健康パワーを生み出せるので
農家さんにはいい話ですね。健康効果がハッキリしてくるといいですね。

正しい食事を摂る事がまず基本だと思いますし、
合う、合わないもあるかもしれませんが
こういった補助的なものもアリかもしれません。
まずは試してみないと何とも言えませんが・・・

気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

新陳代謝がよくないのは加齢だけの問題ではありません。
身体に歪みがある場合、神経伝達が阻害され
身体がうまく機能されていないことが原因とも考えられます。
そもそも、老化とは体の歪みがひどくなってくることで
身体の機能低下が多くなるとも考えられます。
健康はまず体の歪みを無くす事!
あなたのお体、一度じっくり調べてみませんか?
ミモザ整体院 HP

春のデトックス。ラベンダー。

アロマな話
最近気になる香りが「ラベンダー」
なんだかド定番で、アロマと言えば・・・の代名詞な感がありますが。
ラベンダーの対応力は他の精油と比べ、ずば抜けています。
鎮痛、沈静、鎮痙、消炎、皮膚再生、抗菌、防虫などの効能が期待できるされています。
心への作用も実証されていて、気持ちを静め、リラックスさせると言われ、古くから不眠に用いられてきました。
時差ぼけや生活のリズムが狂ってしまったときにはお助けアイテムになると思われます。
最近では痴呆やボケ防止にも使用する事もあるようです。
そして上記の対応力から、頭痛、肩こり、腰痛、筋肉痛の解消、便秘、分娩を促す働き、やけど(軽症)、日焼け後にもいいとされ、日々のスキンケアまで広範囲で使用できます。抗菌作用から水虫が治ったケースもあると聞きます。
万能でありながら作用が穏やかなので、子供にも安心して使用できます。
(その際は低濃度で使用し、持病やアレルギーのある方は医師に相談しましょう。
皮膚に使用する場合は必ず、オイルで1%濃度以下に薄めて塗布してください。)

と、幅広く使える精油なので、私が勉強させていただいたアロマの先生も
「旅行に一本持っていくとすれば迷わずラベンダーを持っていく」と言われていました。
私は、好きな精油が一番。と答えるけれど、それでも選べないのなら、やはりラベンダーをすすめるかも知れません。
(嫌いでなければ・・・ですが。いくら良いものでも嫌いなのは苦痛でしかありませんから)

排泄作用もあるので、この季節とてもなじんでくるようです。
溜め込んでしまった冬の身体からいらなくなったものを排出させる為に使用してみてはいかがでしょう。
本当にすっきりしますよ。
メイク落としのoilにラベンダーを入れると色々な物まであらわれるよう・・・
マッサージオイルに使用し、リンパマッサージもおすすめですし、
部屋に香らせて、マッサージもいいかもしれません。
石けんやボディーソープをラベンダー入りの物にしてもさっぱりしますよ♪
また、春になって新たな始まりの為にいらないものを手放すのにも助けになるかもしれません。
ラベンダーにはそんな力が込められているようですよ・・・
アロマは初めての人にも、慣れ親しんだ人にも改めてこの香りをから何かを再発見してほしいと思います。
という事で、ミモザ整体院では今週、「ラベンダー」を焚いています・・・

春の身体へ

ひな祭りも過ぎ、今日は啓蟄。
冬の寒さで土に潜っていた虫たちもようやく動き出す頃だそうです。
春近し・・・
たけのこもそろそろ出回るようで楽しみです。
山菜もこの季節ですね。春は苦いものが体にいいと言います。
苦味で体を目覚めさせるようですが
山菜が苦手な人は、マーマレードはいかがでしょうか。

マーマレードに使うオレンジは普通のオレンジでなく、「ビターオレンジ」
苦味更に倍増。何度も煮ては水を変えを繰り返し好みの苦さに・・・
生ではとても食べられないというビターオレンジ。
でもイギリスでは絶対にビターオレンジ出ないとだめらしい・・・
イギリス人は何故にビターオレンジにこだわる?最初に食したのがそれだから??
苦味のとりこ・・・??
確かに苦味全部を取り去ったら風味がなくなりマーマレードでなくなる。
風味が強いから好まれるのでしょうか?

雨模様の多いイギリスは日照時間も少なさそうですから柑橘系の太陽を思わす色に惹かれたりするのでしょうか。
日照時間の少なさとウツとは関連性があるとも言われています。
オレンジの香りには気分を高揚させる作用があると言われます。
そうそう、ビターオレンジの花は有名な精油ネロリの材料。ネロリは癒しの効果が絶大だと言われますが
オレンジよりもビターオレンジに惹かれるのはその辺りの由縁??かはさておき、
ペクチン含有量がビターオレンジの方が多い様なのでまさしくジャム向き・・・

ジャムといったら
個人的には「何故にそのままで美味しいフルーツを、あんなに砂糖まみれにするのか理解不能」なのですが
マーマレードは別物。夏ミカンもオレンジも皮をそのままじゃ食べらないから・・・
だったら何で皮なんて食べるの?と言われそうですが・・・
最近はレモンマーマレードや夏ミカン、甘夏等色々ありますよね。
たまに夏ミカンをいただくので夏ミカンマーマレードを作ったことがありましたが
今年は伊予柑でつくってみました。苦味を抜く作業が少なく済みました。風味がぜんぜん違います。
色々な柑橘で作ってお気に入りを見つけたいです♪

自分で作ると大量の砂糖を入れることに驚きます。
ジャムだけでなくお菓子が好きでよく食べる人は一度自分で作るといいですよ。
バターや砂糖がこんなにも入っているということを知っておいた方がいいから・・・
知らずにとっていたら悲劇・・・
自分で作ると糖分の種類もミネラル入りの物(少しでも体にいい物)を選べるし、量も調整できますしね♪
話はそれましたが
この季節、確かに苦味が美味しく感じます。
キンカンもおすすめ。まんま皮そのものですね。
苦味としてその他にもゴボウ、らっきょう、ゆり根等

マーマレード分析とアロマの話を少しとお菓子には大量の砂糖が入っているといった話になりましたが・・・
体の中から春の準備をし、身体を季節の変化になじませてあげると
冬に慣れた状態の身体から春の身体への移行がスムーズに進みます!
季節の変化についていけない人は是非トライしてみて下さいね。
意識も大事なので、春をイメージしていくのもいいですよ。
春に花を見に行こう!
春からこんなことはじめたい!
春になったらこんな服着てみたい!等々・・・

それぞれ好みの苦いもの食べたり、それぞれの春をイメージして、
冬の身体を目覚まし、気持ちのいい春を迎えましょう♪