栄光。勝利。栄誉。を示す香りいっぱいの常緑の葉。

アロマの話
月桂樹の葉。「ローレル」、「ローリエ」という方が馴染みがあるかもしれません。
カレーやシチュー、スープなど煮込み料理に使用される為、
すぐにも香りを思い出されるかもしれませんね。

実は、オリンピックの勝者やマラソンの勝者、F1の勝者などに
冠にして飾られるものとして、
「オリンピックが延期になっていますが・・・」と、書き始めようと思ったのですが、
調べてみると、
実は月桂冠ではなく、オリーブ冠のようなんです。
古代ギリシャのヘラクレスが庭のオリーブの枝をオリンピックの勝者に送った事に由来しているそうなんです。
私はずっと月桂冠だと思っていました。。。
月桂樹はアポロンの霊木という事で、文化的に優れている人に贈られるそうです。
オリンピック以外のスポーツ、では月桂冠を送られる事もあるそうです。

話を月桂樹、ローリエに戻し・・・
(フランス語でローリエ、英名でローレルだそうです)
一年中枯れる事のない、常緑樹の葉は陽の木として親しまれ
生の葉でも乾燥しても芳香がよく、
お料理好きの人はお庭に植えてたりしますよね。

古代ローマではこの木が枯れると恐ろしい病気の前兆を示すと言われていたそうです。
元々縁起のいい木だからでしょうか。
月桂樹が近くにあると、悪魔や、魔女、雷や嵐などの被害に遭わないと言われ、
身を守るとされていたそうです。
ローマの皇帝も昼間は冠とし、寝る時は枕の横に置いたとも言われるそうです。
サソリや毒虫、咳などにも効くとされたそうです。

緑豊かで、他の花を引き立てるので近くに植えて芳香を楽しんでもいいかもしれませんね。
防虫効果や防腐効果もあるようです。
リースの土台に使ったり、ローレルだけのリースでも緑いっぱいよさそう。
色々使えそうですね。

秋になり、天候も不安定になりそうです。
そんな時には、身近なアロマで癒されて見て下さいね

この季節のおすすめ♪

気温が上がってますね。。。
そろそろ梅雨になるのでしょうか、
明日からは雨マークが並んでいます。
そんな今日この頃ですが・・・

アロマの話・・・
アロマテラピーに使用される「精油」とは、
植物の香料(匂い物質)を抽出したもので、100%天然のものです。

香りを楽しむ以外に、古来(紀元前)より防腐剤としても、感染症対策などにも用いられてきた歴史があります。つまり効果がなければすでにすたれてしまっているでしょうし、危険であればなおさらです。
安全である程度の効果があったとうかがえます。

エジプトのミイラが現代まで保存出来たのも精油の力によるものと言えます。
皆さんご存知のように人体は死後、腐敗します。ミイラは皮膚が残ります。
エジプトでは乾燥地帯ではありますが、防腐処理をしなければ(ミイラ以外の遺体は)土にかえり骨のみになります。
その防腐処理に使用されたのが精油のひとつなのです。

そして現代になって、
その効果を実証する為の実験や、もっと幅広く有効に活用する為の研究も盛んにおこなわれています。
心や脳への作用が分かってきて、心理療法や、認知症予防だけでなく症状の進行を止める為に使用したり、
自律神経の調整に使用されたり、なかには心理面に影響することから購買意欲を高める実験を行ったりもしているようです。

そうした研究のうちの一つで、
公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)のホームページにも出ている研究論文によると、
普段私達の周りに存在している(日常生活とかかわりの深い)5種類の菌
白癬菌(水虫など病原菌)、黒カビ(水回りに存在する)、青カビ(食品に)、ユーロチウム・シバリエリ(書庫などに)、黄色ブドウ球菌(傷口を化膿させる)
に対して、
20種類の精油の中から、制菌作用の高かった精油(上位)10個を、
新たに制菌作用を調べる(ハロー法を用いて)
ハロー法とは、シャーレ培地に筋を塗り精油を含ませたペーパーディスクを置いて、
       菌の繁殖を阻止した径の大きさを見る調査方法です。
詳しくはAEAJのHPに詳細が載っています(研究の詳細も出ています)
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol7.php

その結果、精油や菌の相関性により抑制出来たもの出来なかったものがありますが
全面阻止(38mm)~つまり菌が消えていた。制菌作用があったものが多くあったようです。

という事で、
まどろっこしい説明ではありますが、
アロマテラピーや、精油の存在は知っていても、
こんな効果があると知らないという方がほとんどなのではないでしょうか。

これから梅雨の季節になりますが、
精油を賢く使用して、暑くてジメジメの季節を乗り切りましょう♪

という事で、
この季節おすすめ精油♪
「ラベンダー」「ユーカリ」「ティートリー」が制菌作用が高いようです。

(他にも、シナモン、タイム、フェンネルなどもありますが、
スパイス類は好みもあると思いますし、精油になると粉のスパイスよりも凝縮され、癖も強めです。
知識として知っておいて、用途や好みで試してください。凝縮されたものは使用に際し注意も伴います。
よく調べて自己責任において使用を試してくださいね)

そんな訳で、
入手もしやすく使いやすいのが上記の3つになります。

水回りのお掃除に利用したり仕上げにスプレーしたり、
これからの季節は雨で部屋干しも多くなりそうですし、
カビ菌の発生を防止しましょう♪

他にも、
♦リフレッシュに、「ミント」や「レモン」を混ぜてもスッキリします。

♦網戸や窓ふきの際に、拭きあげるタオルなどを絞る時に、
「ゼラニウム」や「ミント」「レモングラス」等を混ぜるのもおすすめです。
虫を寄せ付けない作用が期待できます。
(ただ、精油は油分なので気になるようなら、スプレーを作って撒くか、
窓際にディフューザーを置くなどして香らせるといいです)
♦キッチンのゴミ周りの虫よけにも!

♦「レモン」等の柑橘類なら制菌作用だけでなくと油汚れにもいいですし、爽やかな香りでキッチンにもおすすめです。
気分もシャキッとして集中力もUPするので、お掃除やお料理もはかどるかもしれませんね♪

もちろん、こまめにキレイにしておくことが大前提ですが。。。

この季節、すでに湿度高めなので、
水蒸気によるデフューザーだと更に湿度を上げてしまうので水蒸気タイプでない物や、
暑いので、ウォーマータイプもきついですよね。

風だけで使用できるアロマディフューザーや
扇風機の前や後ろだったり、風の通り道に精油を垂らした器を置いておいたりしても
部屋全体に香らせることが出来ます。

梅雨時のジメジメ、カビ対策に・・・
お掃除だけでなくお部屋にもアロマを使用して、
リフレッシュもかねて、気持ち切り替えて
気分上げていきましょう♪♪

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp

自律神経の調整にも!古代からの香り~フランキンセンス

アロマの話
前回の「香木」の時にも触れましたが、
今回は「フランキンセンス」という精油についてです。

アロマの世界では、「フランキンセンス」と言えば、
キリスト誕生の時に東方の三賢人からの贈り物の一つとして新約聖書に書かれているという事と、
アンチエイジングの為にシワ、シミ防止にいいという事が有名な話ですが・・・・

その歴史は古く、古代エジプトの時代までさかのぼり、
太陽神ラーに祈りをささげる時にも焚かれたと言われています。
宗教儀式で使用され、現在でも、ヨーロッパなどでも使用され、
東京でも使用されることがあるそうです。

エジプトでは治療薬としても使用されていたと考えられ、
また、ハーブやスパイスなどと一緒に脂肪などに練り込んだものを
頭にのせている女性が壁画にも描かれているそうです。
古代ギリシャやローマ時代の医学者も、
この古代エジプト時代の香料文化や植物療法に大きな影響を受けていると言います。

産出国の中東では生活に密接に根付き、
常に体にまとわせ、部屋中に香らせているようです。
その用途は、客人へのもてなしであったり、魔よけ・お清めの意味を持っていたり、
実用的に虫よけだったり、香り付け(香料をたのしむものであったり、
気持ちをリフレッシュするものであったりするようです。

せきゅが産出されるまでは、
国にとっても重要な産物であり、富をもたらすものとして
珍重されて来ました。
現在でもフランキンセンスの木を国が管理し、
収穫を許され、所有権も含め代々継承されていると言われます。

ペニシリンという抗生物質が発見されるまで、
人類が一番脅威を抱いていたのは、「感染症」であって
(その頃の人類の死亡原因No,1は感染症です)
その原因は「細菌」です。

フランキンセンスなどの香料は、木を傷つけた時に出る樹液です。
木は傷ついても、私たちのように動いて傷口を水で洗い流したりは出来ません。
その代わりに自らが出す樹液の中に含まれる殺菌成分で菌の侵入を防いでいます。

人間が、その殺菌成分を利用していたのは十分に納得がいきます。

そして、アンチエイジングにも一役買っているのもこれらの理由が考えられます。
人は年齢を重ねると栄養の吸収が低下します。
細胞の形成、つまり皮膚の形成が段々不十分になってきます。
それと同時に免疫力の低下も起こしています。
外部からの影響を守る皮膚の機能が衰えると外部からの影響を受けやすくなるので
しっかりガードする必要があります。
フランキンセンスの摂れる中東は砂漠地帯です。
木肌の乾燥を守る成分が含まれると容易に考えられるので、
フランキンセンスが、細菌からも、乾燥からもお肌を守ってくれると
考えられるのです。

そして香りの成分が安らぎを与えてくれるので、
更に相乗効果が見られるのではないでしょうか。
呼吸系にもいい作用を示すと言われます。
呼吸が整うと自律神経も安定します。

また、フランキンセンスは、
右脳を刺激するとも言われます。
現代人は左脳を多く使う仕事に偏っていると言われるので、
働きすぎの脳を休めるのにもいいようですね。

ひと頃、フランキンセンスは、プチブームになりましたが、
香りとして使用してみるのもいいかもしれません。
これからの季節、喉のケアなどにもおすすめです!