長引く痛み

先日来られた患者様。
膝の痛みを長引かせていると。

長年かけてゆがめた身体、あちこちの調整は大変ですが
同時に様々なものが凝り固まっています。
だいぶ痛みもとれて、施術ではしっかりゆるむ瞬間があるのに
どうしても力が入ってしまう。
長らく痛かった記憶、痛みの恐怖などは考えられますが、そこを特別な施術でクリアしても
何かありそうです。

問診やお話を重ねるとどうも何か心の中での葛藤があるようです。
前に進むこととブレーキをかける心との葛藤が見え隠れし、
それから個々の性質の違いによる、物の捉え方考え方の個性が見えてきます。
複雑な心理状態は自分の性質を理解すると、そうしてしまう理由がわかります。
話を進めていくと、ご自身で思い当たることがあるそうです。
深く自分に問いかけていくと理由は見えてきます。
(細かく質問したり、こうしましょう、ああしましょうというものではなく
ご自身が解明し解決できるよう手助けし、施術中に雑談のようにお話しているだけです。)

そういうの、めんどくさい。と言われる方も、
体の事を知れるという位の所に、心もそう作用しているのね!
という程度の物として受けていただくと
「何だそうなのね」と、今迄の痛みの方がめんどくさい・・・と感じていただけるのではないかと思います。

そして、自分でブレーキをかけるにはもう一つの大事な理由があります。
その時々で女性の身体は変化しています。
その変化は他人と比べる事でもなく、自分自身の中で起きていて個人差があリます。
今の自分の状態に気づき、(健康状態、体力、心理状態、やらなくてはいけない事、仕事量)
それらを上手にバランスよく配分できると、自分の人生をより良くすることができるのではないでしょうか
今よりも生きやすいというか、楽に思えるのではないでしょうか。
ストレスなく自然に生きられるから体も楽にいられる。
自分をコントロールする為にはまず、自分を知ることです。

女性の身体はホルモンにより影響され、感情も自律神経も影響を受けているのです。
でも、それは体のバランスや自分がどういうことを考えているかが左右しています。
人は考えにより行動しているから。そしてその行動により体はつくられているから。
どんな生活スタイルをしているか、何を食べているのか、何を大事にしているのか。
自分を大切にできているのか・・・(バランスを崩すほど無理をしていないか)
そして、
バランスを失ってからの体ではなかなか自分では元へは戻しにくいのが現状。

自律神経が狂えは体調を整えることは困難になり、感情の不安定さも絡んで来れば
体からも心もからも足を引っ張り合い、悪循環から治りずらい状態におちいりやすいのです。
両方からのアプローチが必要になります。

バランスを崩したという事は、自分の変化に気づかずコントロールできなかったという事が考えられます。
ここへきて専門家の手を借り、体を整えて自分をコントロールする方法を学びましょう♪

ミモザ整体院 ご相談は無料です HP
船橋、北習志野 新京成線 「高根木戸」駅3分 (北習志野駅からも13分です)047-404-8207 

肘痛、膝痛

前回から引き続き肘、膝、肩の痛みの60代の患者様、第二回目
膝は次の日だいぶ良かったようです。
ただ前日から痛み出し、どうにもならなかったようです。

またも、だいぶ力入っていますが前回ほど強固ではなく
足先や前回あった硬結はほぐれすぐに力も抜けていき、
当初出来なかった股関節の回転もスムーズにできていい感じです。
曲がったままの膝なので伸ばそうとしてモモ裏にも力を入れていたようで
そうなると余計にモモ前にも力が入り痛さが強調されてしまいます。
メカニズムを説明し、気づいて治してもらう事も大切で、
正しい方にコントロールできなければ、いつまでも同じ繰り返しになってしまうからです。

一つ一つ納得し、理解してもらうと体も安心して楽に力を抜くことができます。
(ただやみくもに力を抜いてはダメな場合もあるので注意が必要です‼
理由があって筋肉が緊張し、支えている場合もあるので・・・むやみに自分でやらないでくださいね)

肘の方も別の所からアプローチをしています。
どうやら元々そういった因子をお持ちだったようで、
そちらのメカニズムも説明しました。

それと女性は、
・ホルモンの変動、
・環境の変化(子供の巣立ちや孫の面倒、旦那さんの定年、親の健康の心配や介護など)
そこに来て、
・年齢的な体の変化が重なり
調整を取っている体の中では、本当に大騒ぎな状態です。
(目には見えませんが…)
そんな時に無理を重ねると体はもうたちまち「無理です。動けません」
の警告が発せられる。
老化が進んでしまい体のダメージはなかなか元には戻りづらくなってしまいます。

自分で思っている「大丈夫」と、
実際の体の「だいぶ疲れたな」の開きがあると
そのギャップが激しければ激しいほど苦痛に感じます。
身体にも異変が起こって来るのです。
心と体は切っても切れない…心を含め体は一つですから・・・
実際の施術では、
この話をその方に合った対処法を含めた形で
お話させていただいています。

何かと大変な現実を抱えながらも、日々過ぎていきます。
一度きりの人生、少しでも素敵に充実させた日々にしたいと願う女性の皆さんの為に
楽なからだで、日々過ごしてい頂くために
ミモザ整体院では皆さんの体ケアと、体の使いかたをお教えしています♪

相談は無料です。ミモザ整体院

「疲れやすい」には理由あり

疲れやすいというお悩みを相談されることが多くなっています。
「眠らない社会」という環境的要因が大きいと思われます。
夜は眠る。というシンプルな生活スタイルが当たり前な頃は夜になれば自然に眠ることが出来て、朝になれば体も回復できたと考えられます。
(中には昔から夜に仕事をせざるを得ない人もいたかもしれないし、夜遊びしていた人もいたかもしれませんが・・・多くの人は)現代の「夜眠らなくなった」(以前に比べ睡眠時間が減り、深夜まで起きている)生活スタイルになったのはここ数十年の事です。
深夜営業もなく、パソコンもなく、テレビも12時を過ぎれば放送は終わっていた(放送が終わるとザーッと砂の嵐になる・・・とかって今の人たちは知らないだろうな…)夜は眠るのが常識だった。
体は遥か昔から「夜になったらしっかり眠る」~そうすることで「朝には回復できている体」として作られていて、遺伝子の中に変わらずに刻まれてきている為、この現代の変化にはまだ変換できていないように思われます。今の生活スタイルに体はまだついていけてないと言えるのです。

そして、
豊かになることは悪い事ではないと思いますがその代償はやはり大きいもので、買い手側からすると物がたくさんあるという事はそれだけ選ぶのに時間もかかることになり、情報がたくさんあるという事はそれだけ選ぶ時に見比べる材料が多くなりやはり時間を要します。売り手側から見ると、沢山のものを売ろうと市場が大きくなればビジネスチャンスが増え、世の中は多様化し競争の為にあらゆるアイデアが生まれる。そして物は増え、娯楽は増え、情報も増え、その膨大に増えたもの中から、自分に必要であるかどうか、また自分の好みであるかどうか、そもそもちゃんと機能し使えるものであるのかどうかさえ精査し選びださなければならなくなりました。

他とは違う個性は大事だけれども、個性の分だけ多様化し複雑化していく、
そんな中で複雑すぎてついていけていない人もいるように思われます。
物や情報の中でおぼれそうになり、流行りにただ乗っかって流される人がいたり、
呆然と立ち止まる人もいるのではないでしょうか。
とにかく忙しく時間が無くなってしまっている。そのように感じます。

瞑想が流行るのもうなずけます。少し時間を止め、心静かに自分に返る時間を必要に感じているのではないでしょうか。
自分の心身に語り掛け、本当に必要なことは、本当に大事なことは何なのか。
本当にしなければならないことは?心の豊かさは欠けていないか?
振り回されず、流されず、自分の価値観を大事にしているのか。
変わることのない真理。物事の道理。そういったことからズレが来ていないか。
自分の頭で考えることが出来ているのかどうか、人それぞれの考え方を尊重しているだろうか。
時間を失っていたら、それらを考える余裕もなくなってしまう。

便利になったり便利なものが増えたおかげで時間短縮できた面もあり、
人の命が救われるような、いいアイデアが生まれた面もあったかと思います。
また反面では時間の欠乏により人の命が奪われた面もあるように思います。
情報を集めることが大事な時期も時にはあるようにも思います。

物の無い時代に生まれた人達が豊かさを追求した結果
こういった社会になってみて、(沢山の恩恵を得られたことに感謝もしています)
ただ、モノがふくれ上がった中で、変化の中で対処できないところがこの社会には起きていて、
それはそのまま人の体の中でも起こっているようにも思います。
対処しきれない、抱えきれない問題。消化しきれない食べ物、なくなる時間。
疲れている人が本当に多いという事。
こうした中で、たくさんの方の心身をケアする中で私に何ができるのか考えてきました。
施術を続けることで良くなる人もいれば、体の反応はよくなっているにも関わらず、
なかなか改善が思うように進まない人がいる為に別のアプローチを加える事もあります。
人が健康になる為の要素の開拓です。

自分らしく生きる為に、限られた時間を増やしていくには
自分で時間を作り出す工夫や努力が必要になります。
ずっとその身体で生き続け、途中で取り換えることはできません。
皆さんが思う以上に体の中では内臓が頑張って働き続けています。
疲れ切ると突然働くのをやめてしまいます。働けなくなるのです。
でも本当は少しずつ徴候が出てています。
体はサインを送ってきます。
疲れやすいのには、意味があります。

生き生きと元気でいられれば日々のパフォーマンスは上がり
効率が上がるので仕事は早く済ますことが可能で、時間短縮になります。
健康であれば、それが病を防ぎ、老化を遅らせ、キレイにもつながります。
自分の体をよく知る事、そしてしっかりケアすることが大事であると言えます。
そしてその体は年々変化していく為に変化に合わせたケアも必要になってきます。
自分の身体を大事にするには、まず体を知ることが大前提です。
知っていればおのずとどうすればいいかが分かります。理解も深まります。
知らなければ間違ったり、間違った方へ進んでいることにも気づけなくなるからです。

このブログやホームページで折に触れて体の事、内臓の働き、心と体の作用、関連性など書いていこうと思っています。
是非参考にして体の事を知っていただき自分の身体をいたわっていただければと思います。
その他にも時間を作り出す為に色々考えています。
同じ思考パターンで時間をムダにしないように、思考のコントロールの方法をお教えしたり、
(家事の時短方法などを提案をする事もあります。興味があれば聞いて下さいね)
ミモザ整体院では皆さんの健康を真に考え、生きやすい毎日になるように
自分らしく生きれるように患者さまに様々な提案をしています。