事故で、肩こり、冷え、腰痛、頭痛、膝の痛み、そして疲労

先日来られた患者様・・・
長年の抱える諸症状~肩こり、冷え、腰痛、頭痛に、
この二週間は膝の痛みも出てきてあまりに症状はひどくなるので
HPでミモザ整体院を調べて来られ
もう自分ではどうにもできないのでお願いします。ということでした。

医者に行かれたかお伺いすると、
以前、事故に遭い、その時に医者に通ったそうなのですが
検査ではこれと言った所は見当たらなかったという事で
痛み止めの処方などで、改善には至らなかったようです。
「医者に行っても何もならないのは分かっているので」と言われていました。

むくみも気にされていました。
体の循環が良くないようです。
言葉にも力がなく疲労もみられました。

年齢を重ねてきた体はホルモンの変動も重なり
それだけで疲れやすくなります。
そこに、働き過ぎなどの状態が重なれば
体はみるみる体調を崩し、回復しにくい状態に陥ります。
放っておけば病気を引き起こすかもしれません。

こちらの方も、もうこのままではまずいと
危機感をもったそうです。
私も、体からのSOSが出ていると感じました。

疲労回復と施術が一番に思います。
特に脳を休める事です。
HPの「不眠症」のページにも記しましたが
皆さんが思う以上に
脳疲労の脳に与えるダメージは深刻です。
では働き過ぎだけが脳疲労の原因でしょうか?

眠りが少なければ人は眠ろうとします。
ですが眠れない体であると
睡眠の為に時間をとったとしても
(本人は眠っているつもりでも)
実際には体も脳も休めていないので
疲労は全然とれていないと考えられます。

どんなに寝ていても(実際には)「眠れていない」のです。

そしてどういう事が起きるのかというと・・・
体が疲労していては、
栄養を消化吸収することやエネルギーに変換する事、
細胞の修復、などが出来なくなり、
その状態で体を動かせば各器官で不具合は生じてしまう事になり
また、体を正しく保てない体で、骨格が歪めば
自律神経を刺激し、益々眠れない体になってしまいます。
悪循環で疲労は蓄積し、病気になることも考えられます。
免疫機能は正常に働かなければ、感染症になるリスクは上がり
体が作られなければ内臓は働くことが出来ず各器官での異常や
全体的なバランスを崩すことで体の機能は低下します。

疲労を軽視できない理由です。
疲労回復させる為に骨格を整える重要性があるのです。

「数々の諸症状」、「疲労」が
実は骨格の乱れに関連があるのです。

思い当たる方は ➡ HP http://sachi-seitai.jp
ミモザ整体院にご相談ください

眠れない・・・

先日、不眠の相談を受けました。
中学生だったために、ご両親も心配そうでしたが、
お話をして、問診、視診の段階で疲労はなさそうで、
(疲労がある場合は対応、指導が違ってきます。その他にも薬を飲んでいるか通院の有る無しなど色々あります・・・)
検査を進めると、骨盤に不具合が見つかりました。

下背部に背部に過度の拘縮が見られました。年齢的にはまれです。
比較的、本人は疲労があっても体は柔らかいという場合が多いのですが
昨今、若くとも運動不足の傾向がある為こうなるのでしょうか、
(体と脳のバランスの悪さも不眠に影響を与えているので
こうした傾向は進んでいくような懸念はありますが…)
初めて来たところなので緊張もあるかとも思われます・・・

施術を進めるとかなり緩み、頭蓋骨の触診でも緩んで行く傾向がみられ
改善する兆候ははっきり見えました。
しばらくは継続した施術をおすすめしました。
対策の仕方も説明させていただきました。

ミモザ整体院では不眠を施術で解消するだけでなく
不眠に関わる心的要因の解消も行っています。
体の構造、脳のメカニズム、思考などなど・・・
不眠は数々の要素が関わり、それぞれが複雑に絡み合っているからです。
ケースによって(それぞれ一人一人の)千差万別、眠れない理由はあります。
そして、それぞれの個性(性格の違いに)より解決方法として
納得できるものも違います。
一つ一つゆっくりと・・・という人もいれば
「そうなんだ」と、時には一気に解決していきます。
眠る環境を整えるという物理的な対処も大事ですが
それだけでは解消できないという人がほとんどなのではないでしょうか。
安心して、眠りにつけるようにサポートします。

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

秋バテ、「疲れがとれない」という方はご相談ください

すっかり秋になりましたね。最近では「秋バテ」という言葉もありますが
夏の疲れと、涼しくなった気候に体がついていかず疲労がたまった状態を言うようです。

人の身体は体温調節など自然にバランスをとる仕組みが勝手に働くシステムを持っているはずです。
その素晴らしい機能が低下しているということは・・・
調節機能を担う「自律神経」に問題があると考えられます。

冷たいものを食べたり飲んだりせず、体を温めるものを食べ
身体を冷やさないようにして、早寝・早起きで体調を整えましょう。
運動不足なら体力をつけ(無理は厳禁です)、
睡眠負債(寝不足が続いた状態)があるようなら早寝・早起きで生活リズムを見直してくださいね。
どれも、し続けなければ意味がないですよ。

まず健康でなければ、楽しむことも頑張ることも出来ませんからね!
この頃、風邪が長引いているなんとなくダルさが続いている・・
という方は、もしかしたら「慢性疲労」かもしれません。

慢性疲労もあなどれませんよ。ひどくなると体中の炎症が進むと
起き上がれなくなったり、虚脱感、無気力、それだけでなく
激痛を起こすこともあり、そのまま気分も引っ張られ「ウツ」になるケースもあります。
その日の疲れは、寝て次の朝にはスッキリ解消できているようにしておく事が大事です。

自律神経の調整には体の歪みを整える事も大事です。
自分でケアをしていてもあまり改善がないという方は
一度ご相談ください。自律神経の調整は実は骨格の歪みが
神経を刺激しているということが多いのです。
ミモザ整体院では自律神経の調節では骨格から調整を行い
一人一人に合った改善を目的にしています。
相談は無料。気になる症状があればご相談ください。

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/