消化できないお腹と、消化できない問題

過労で疲労困ぱい。お腹の調子が悪い。と言われる29代の患者様。
施術を受けられて少しよくなられ、
筋力も戻ってきて来たと思っていたのですが
前回来られた時に
また、やせ細り具合も良くないようでした。
お話を伺うと「仕事で残業が多くて・・・」
と、疲労困ぱい状態です。

整体で体を整えても、
「しっかりした体」でなければ、
(栄養、休息というのは必要です!)
いい状態も保てません。
支える事が出来ない体では、
また最初と同じような体に戻ってしまう事になってしまいます。

それでも、施術を繰り返していたせいか、
現段階ではまだ、しっかりと支えています。

精神的にひっ迫しているようで、
食べてもすぐにお腹を壊してしまうと言われます。
(最初に来ていた頃もそう言われていました。
それから、施術をしていくとご飯もしっかり食べて
安定してきました。)
食べたものが消化できない・・・
目の前の現状に対して、(まさしく)消化できていない
納得できない思いがあるように思われます。

生きていれば、すぐにはどうすることも出来ない現状がでてくるという事もあると思います。
ただ、その場の環境を何としても良くしてその場にとどまり、今の仕事を全うするのか、
それとも、その場を離れチャンスと捉え、新たな道を行くのか、
その答えを出すのは、自分にしか出来ません。
どうしたいのかはその人にしか分からないから。
単調に見える仕事の中にやりがいを見つけ、誰かに喜ばれるように心を込める事で
気持ちを切り替えるという選択もあります。

自分が何に対して不満を持っているのか?
どうすればその不満が解消させるのか?
本当に環境なのか?自分の気持ちを表せないでいる事なのか?
慢心や飽きからくる退屈さなのか・・・

仕事は、人生の中で多くの時間を割くものです。
やり甲斐を持てればとても素晴らしい時間になります。
なかなかすぐには認めてもらえなかったり、
お金にならなかったりすることもあるかもしれません。
それでも、気持ちを込めて、丁寧に、コツコツ努力していくと
花開いて向上していく事もあります。

何がしたいのか、そして今、現状自分が何ができるのかを確認してください。
したいことに対して、何をすればいいかが分かってきます。
したいことに対して、今できていない事が分かれば、
この先、何を勉強していけばいいのかが分かります。
そうして積み上げていけば、したいことも現実となります。

腹立たしい現状に縛られず、冷静に対処していってほしいと思います。
私はこうしたい。だから、これが必要。(その中には必ず「健康」も必要になります)
健康を維持する為に何をしたらいいのかもしっかり考えていただきたいです。
健康的に働くという事をしっかり考えて下さい。

もしも、同じような悩みを感じている方がいらしたら、
今ある不条理と闘うために、自分の身体を使わないで下さいね。
思い知らせるという復讐の為に、過労で倒れるまで自分の身体を働かせるというような事はしないで下さい。
復讐と言うと怖いかもしれませんが、
自分の意見を言えず、態度で示そうと無理をしてしまうという事も
行き過ぎると、「ウツ」や「過労死」という事にならないとは言えません。
そうでなくても、回復するまでに時間がかかったり、
体に大きなダメージを残すことにならないとは言えません。心にも・・・
そんな事にことに時間を使わないようにして下さいね。
もっといい解決方法を見つけてほしいと思います。

人はそれぞれに感じ方や持っている世界観は違うと思うので
先程の患者様に合う事を少し話をしたところ
「元気が出ました」と、にこやかに帰られました。
自分の生きる方向性が決まると、進む道も見えてきますよね。
どう、時間を使っていくかは皆さんそれぞれです。
自分らしく、いきいきと輝ける人生にしていただきたいと願います♪♪

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

肺のケア

秋に必要なケアは「肺」です。
11月になると、グッと乾燥してきますね。
肺に入る乾いた空気から体を守る必要があります。
体に入ろうとする異物を口や鼻からせき止めようと
防御し、その結果、
「のどの痛み」「鼻づまり」といった症状になり、
それだけではなく、
呼吸器全般に影響することも考えられます。
粘膜の段階でウイルスや菌がせき止められられなければ、
免疫機能にも影響します。

咳などにより呼吸筋が疲労すれば、自律神経にも影響することも考えられ
自律神経に不具合が起こると体全体に影響してきそうです。

酸素量に変化があればエネルギー生産にも関わると想定できるので、
体力の低下や、体温などにも影響し、全体的な機能低下を起こすことも考えられます。

秋になると疲れやすかったり、風邪ひきやすかったりするのも
うなずけます。

その他にも・・・
東洋医学では肺は大腸に影響すると言われています。
(上記の事からも想定できますが、免疫の低下や自律神経に支障があればおのずと腸にも影響がありそうです)
大腸に影響があれば、老廃物が滞り、便秘やムクミという症状に。
そして体調不良や肌荒れなどの影響も起こしそうです。

ざっと書きましたが、「肺のケア」が必要と言えそうですね。

東洋医学では、
この時期、白いものと、辛いものを食することがいいと言われます。
山芋、大根、エノキ、松の実がいいようです!

シャキシャキ~大根サラダ!いいですよね。
ぶり大根も美味しそう♪
ホウレン草で作るバジリコ風(松の実入れて)もいいですよね。
エノキは細かく刻んでマーボ豆腐に入れても美味しいです♪
私はエノキはマストで毎日食べています!

辛いものは、苦手であれば唐辛子でなくとも、生姜、ネギ、スパイス、ワサビ、からしなどで。
あまり食べすぎては肝臓を傷つけるようなので気を付けましょう。
のどケアにはちみつなどもおすすめ♪

これから迎える冬に備えて、
喉をケアして、肺を大事にしましょう♪

整体からの視点では、
横隔膜を中心とした呼吸筋のアプローチでしょうか。
呼吸筋にアライメントがあれば、
吸い込む酸素量に影響し上記のような事が考えられるので。
呼吸筋に関連する脊柱の不具合があればを調整する必要ありそうです。
そうなると、骨盤や首、その他の関連個所も調べてバランスをとる必要があります。
詳しくは検査次第という事になりそうですが。
喉の不調や、呼吸が少し苦しいような気がするという方は、
一度調べてみる必要がありそうです。

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

疲労と痛みの症状

疲労により体力がなく、仕事柄、前かがみの姿勢が多く
首、肩、腰の広範囲のコリ、腹部の痛みなどストレスも多いと言われる患者様ですが
施術を続けるとだいぶ腰が安定してきたようです。
仕事で疲れてくるとハリが強くなることもあるようですが、
翌日は姿勢を変えるようにすると良くなると言われ、
ハリが出ても改善が早くなってきているように感じます。

疲労により体がダメージを受けているようなので、
穏やかな施術を続けてきました
(当院の施術は全般的に穏やかな施術ではありますが、
今回の症例は特に気を遣います。
年齢にかかわらず抵抗力が低下している場合は
かける圧に注意が必要です。
それぞれの筋力等組織の弾力によって、
触れる圧や手技などを変えベストなものを選びます)

だいぶ、元気も出てきたようなので、今回は、
背部を集中的に整えました。
メンタル的にも相当疲労を抱えているように感じました。
その対処法も少し付け加えて説明し、
納得いただけました。

仕事、頑張っておられるようですので、その仕事を頑張れるようにも
しっかり体を作っていく必要があります。
体がしっかり作られるまで、もう少しのお付き合いになりそうです。
がんばっていきましょう。

疲労の状態、過酷な状態が続いていると
その状態を脱しても尚、まだまだ、脳の方で
ガードが掛かっている場合があるように感じます。
物理的な脳疲労、精神的な脳疲労。
これらの数々の経験に症状に対して、
数々の経験により、いくつかの対応ができます。
一番はそのメカニズムを理解することです。
でもその前にある程度の回復が先決です。

レディガガさんも公表した自身の病である「繊維筋痛症」、
疲労やストレスが原因(要因の大部分を占める)と思われます。
不快な症状を放っておくと、強い痛みにどんどん進んでいく事があります。
痛みがひどくなる前に、今以上に進行しないように、
いち早く対策する必要があると思います。

ミモザ整体院では、痛みと疲労の関連を研究し、
数々の症例を多く扱っています。
お気づきの事があればご相談お待ちしています。
ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/