腰痛チェック。大丈夫ですか?寒くなる前に調べましょう!

急激な気温の変化でこの時期に注意したいのが、
「腰痛」です。
夏の疲れで体は疲労しているので注意が必要です。
痛ければ「何とかしよう」とするのですが。
痛みが無ければ何もしないと思いますので、
簡単なチェック項目を記します。
チェックが多ければ気を付けて下さいね。

1、左右で足の長さが違う
2、スカートをはくといつの間にかズレてしまったり、スカートが回ってしまう
3、左右で腰骨の高さが違う
4、ウエストのライン(くびれ)が左右で違う。
5、肩の高さが違う
6、横座りすると、左右で座りずらいほうがある
7、真っ直ぐ座っているのにウォシュレットがお尻に真っ直ぐ当たらない
等々

いかがでしたか、当てはまる人はすでに体はズレを起こしているかも。
寒さが増してくれば、動くのがおっくうになり、
運動不足で益々体ズレが大きくなる事も考えられます。
冬が来る前に体を整える事も必要になります。
気になる方は一度詳しく検査してみませんか?
ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

腰痛は原因から解消しなければ意味がありません

腰痛になるには色々な病気との関連もあります。
〇重い脊椎の病気(腰痛の1%)30万人
 ・化膿性脊椎炎(画像に写る)皮膚の化膿や虫歯が骨にいき痛みを起こす(細菌)
 ・がんの転移
 ・背骨の圧迫骨折
 など

〇内臓の病気によるもの(2%~腹痛・腰痛)
 ・慢性膵臓
 ・腎盂炎
 ・尿細管
 ・慢性の十二指腸潰瘍
 ・子宮内膜症
 など

〇原因のある(10%)
 ・脊柱狭窄
 ・椎間板ヘルニア
~残り85%は原因が特定できないもの(証明できない)
・腰痛
・坐骨神経痛(これらは症状と言えます)

この85%の医者の治せない症状の改善を目指しているのが
整体、カイロプラクティックが得意とするものです。

西洋医学(皆さんが病気になるとまず行くところで保険のきく治療ですね)と、
整体やカイロプラクティックではそもそも考え方が違います。
ですから、医者では問題ないという症状を
私達がみると、こんなにも原因があるのに・・・
そして、ここがこうなっているかや痛みやしびれが起きるんだよね。
という見方をして、改善にあたります。
薬を使うこともありません。
だから、私たちは薬やシップじゃよくならないと感じています。
なぜなら原因があるからで、その原因を取り除けばいいからです。

あなたの腰痛がどういうことで起こるのか
知りたくはありませんか?

肩こり、首痛、頭痛も原因があります。
原因を解消しなければまた痛みはやってきます。

原因からしっかり改善させることが大事です。
気になる症状がありましたらご相談ください。
相談は無料です。ミモザ整体院 HP

船橋、北習志野の整体。足元から安定させる!

アーチが落ちた偏平足。
足の指の運動だけではアーチは戻りません。
足のアーチに関わる筋(アーチを引き上げる筋、アーチを決めている筋)前脛骨筋等・・・
のバランスが崩れると、
足首が外に傾きスネが外に張り出し、膝よりも膝下が外に張り出します。
膝にも影響する事があります。
また、逆に傾くと扁平になりX脚になることもあります。
こちらも膝に影響してきます。
そのまま、膝の上部にあるモモの筋肉のアライメントに繋がります。
つまりはそのモモにつく骨盤の歪みになっていきます。
そして、その上部の背部や首に、それから頭部や顔の筋肉にまで影響します。
窮屈な靴や緩すぎる靴、歩き方のクセ、筋力の低下などで足の筋肉のバランスが悪いと
全身のバランスを崩すことになります。
触診で筋バランスの違いはすぐに分かります。骨盤もそれに連動していることもわかります。

足の骨(足首より下にある骨)のアライメント自体が原因の時もあります。
逆に上部の歪みが足に影響する。という事もあります。
つまりは、どこに変位(整っていない状態)、不具合があるのかによります。
不具合という状態がそのまま原因になるのか、
実は別に原因があるのかは、検査をして施術を重ねていくしかありません。

それでも、人は歩き、足で立つことが日々生活していく上でのベースになります。
まず足を整えてあげることで、その上部での不具合がどう影響していくが、変化があるかで
問題点が明るみになって来る事があります。
ですから、足元から鍛える事も指導しています。(お体の調整が済んだ患者さまに向け)

真っ直ぐ歩いていないような気がする。
歩いていると両方の足で違う感覚がある。
足がつりそうになる。もしくはよくつる。
膝下が曲がっている。(生まれつき骨の変形がある場合は範疇外になります)

等の症状があるが場合は、ご相談ください。
ミモザ整体院 ➡ HP