環境の変化と痛み、その原因に自律神経の乱れ

腰の痛み、膝の痛みで通われている患者様
施術を継続して行っています。
トータル的にはよくなっているそうです。
環境の変化があったそうで、一時期忙しくしていた疲れが
今になって出てきたと言われます。

人生にとって、一見するといい出来事。
就職、昇進、引っ越し、大学生活スタートなど・・・
それでも環境の変化で、体の中ではドキドキやハラハラ
慣れない事で、緊張の連続、想定道理にいかないジレンマなど・・・

こうした状態で体の中では自律神経の交感神経が優位な状態が続きます。
このような状態で交感神経が働くのは、当然の事なのですが、
ただ、ホッとした時に副交感神経に切り替わらないでいると

ゆっくり眠れなかったり、消化にも影響するので
栄養と睡眠が不十分な状態な体になってしまいます。

当然、疲れやすく、痛みも感じやすくなってしまうのです。

自律神経が乱れていたら、
いくら7時間の睡眠時間を確保し、
しっかり食べたとしても
体は休まらず、栄養も吸収出来ていないという事になります。

自律神経を整える必要があります。
ですが、
体に元々歪みがあって自律神経の働きを妨げていれば
その不調は、いつまでたっても
改善できない、もしくは改善しにくい状態にあると
言えるのです。

こちらの患者様は、疲れすぎないように
休息をとってもらうことと
施術で体を整える事で、
だいぶ改善が進んでいるようです。

他にも
年代的なこと
疲労度など
対処の仕方や注意点はある為
お伝えしています。
(その方その方で個々体の状態や生活スタイルで
違いがある為に注意点は違ってきます)

膝自体に変形があれば、改善は無塚しいこともありますが
それでも、周辺組織の位置を整える事で
膝への負担は減らせることが可能なので
カラダ全体の修正も含め、調整は必要になると思います。

環境の変化により、体の不調が起こる
という事は、後から症状となって起こることが多いように思います。
そして、
環境の変化にスムーズに対応できない場合
骨格も問題と、もう一つ、
ストレスを受けやすい事もあるようです。

骨格を正すことと、ストレスケアも同時に行うことが
いち早い改善につながると、
これまでの経験上、痛感しています。

思い当たる方は、ご相談ください。
ミモザ整体院 HP ➡ http://sachi-seitai.jp/
「自律神経について」のページもご参考に! ➡ http://sachi-seitai.jp/autonomic.html

しっかり悪循環を断ち切りましょう

腰痛、膝の痛みの患者様
長年の腰痛、そして環境の変化により
ほっとひと段落したころから膝の痛みが出てきたようです。
眠りも浅いと言います。

体に力が入っていると中々からだは休まりません。
疲れがとれない状態で次の日になるので
疲労や体への負担は増すばかり
そして痛みからかばおうと体に力が入り・・・
と悪循環に陥ってしまいます。

とても「治りたいと」言う意気込みがある方です。
検査の結果、仙腸関節に不具合が見られました。
施術すると、左右で不均等だった肩の高さ、腰の骨の位置も揃いました。
「気持ちが良かったです」ということでした。

日頃から頑張り過ぎてしまうとのことです。
体は正直です。必ず後からバランスをとろうとし始めるので
無理はいけません。
自分の身体を大事にできるのは自分だけです。
自分の身体をコントロールしているのは自分なのですから。

でも、人生何が起こるかわかりません。
しっかり鍛えておく必要もあります。
でも、その前にしっかり改善させましょう。

北風が寒いです。乾燥もしているので
皆様、暖かくして下さいね♪
ミモザ整体院 HP ➡http://sachi-seitai.jp/

船橋、北習志野の整体。足元から安定させる!

アーチが落ちた偏平足。
足の指の運動だけではアーチは戻りません。
足のアーチに関わる筋(アーチを引き上げる筋、アーチを決めている筋)前脛骨筋等・・・
のバランスが崩れると、
足首が外に傾きスネが外に張り出し、膝よりも膝下が外に張り出します。
膝にも影響する事があります。
また、逆に傾くと扁平になりX脚になることもあります。
こちらも膝に影響してきます。
そのまま、膝の上部にあるモモの筋肉のアライメントに繋がります。
つまりはそのモモにつく骨盤の歪みになっていきます。
そして、その上部の背部や首に、それから頭部や顔の筋肉にまで影響します。
窮屈な靴や緩すぎる靴、歩き方のクセ、筋力の低下などで足の筋肉のバランスが悪いと
全身のバランスを崩すことになります。
触診で筋バランスの違いはすぐに分かります。骨盤もそれに連動していることもわかります。

足の骨(足首より下にある骨)のアライメント自体が原因の時もあります。
逆に上部の歪みが足に影響する。という事もあります。
つまりは、どこに変位(整っていない状態)、不具合があるのかによります。
不具合という状態がそのまま原因になるのか、
実は別に原因があるのかは、検査をして施術を重ねていくしかありません。

それでも、人は歩き、足で立つことが日々生活していく上でのベースになります。
まず足を整えてあげることで、その上部での不具合がどう影響していくが、変化があるかで
問題点が明るみになって来る事があります。
ですから、足元から鍛える事も指導しています。(お体の調整が済んだ患者さまに向け)

真っ直ぐ歩いていないような気がする。
歩いていると両方の足で違う感覚がある。
足がつりそうになる。もしくはよくつる。
膝下が曲がっている。(生まれつき骨の変形がある場合は範疇外になります)

等の症状があるが場合は、ご相談ください。
ミモザ整体院 ➡ HP