船橋、北習志野の整体。足元から安定させる!

アーチが落ちた偏平足。
足の指の運動だけではアーチは戻りません。
足のアーチに関わる筋(アーチを引き上げる筋、アーチを決めている筋)前脛骨筋等・・・
のバランスが崩れると、
足首が外に傾きスネが外に張り出し、膝よりも膝下が外に張り出します。
膝にも影響する事があります。
また、逆に傾くと扁平になりX脚になることもあります。
こちらも膝に影響してきます。
そのまま、膝の上部にあるモモの筋肉のアライメントに繋がります。
つまりはそのモモにつく骨盤の歪みになっていきます。
そして、その上部の背部や首に、それから頭部や顔の筋肉にまで影響します。
窮屈な靴や緩すぎる靴、歩き方のクセ、筋力の低下などで足の筋肉のバランスが悪いと
全身のバランスを崩すことになります。
触診で筋バランスの違いはすぐに分かります。骨盤もそれに連動していることもわかります。

足の骨(足首より下にある骨)のアライメント自体が原因の時もあります。
逆に上部の歪みが足に影響する。という事もあります。
つまりは、どこに変位(整っていない状態)、不具合があるのかによります。
不具合という状態がそのまま原因になるのか、
実は別に原因があるのかは、検査をして施術を重ねていくしかありません。

それでも、人は歩き、足で立つことが日々生活していく上でのベースになります。
まず足を整えてあげることで、その上部での不具合がどう影響していくが、変化があるかで
問題点が明るみになって来る事があります。
ですから、足元から鍛える事も指導しています。(お体の調整が済んだ患者さまに向け)

真っ直ぐ歩いていないような気がする。
歩いていると両方の足で違う感覚がある。
足がつりそうになる。もしくはよくつる。
膝下が曲がっている。(生まれつき骨の変形がある場合は範疇外になります)

等の症状があるが場合は、ご相談ください。
ミモザ整体院 ➡ HP

船橋・北習志野・ミモザ整体院「頭が重い」「体がだるい」「耳鳴り」の患者様

台風で体調を崩された方が多くいらしたようで、
当院に来られる患者様は口々に「調子悪かった・・・」と言われていました。
腰痛や肩こり、自律神経の不調が起こるだけでなく、
身体の奥の方でねじれを起こし頭痛などの症状が出る方も多くいらっしゃいました。
個人的には台風の後からやけに湿度が高いような気がします。
次から次に台風が発生した影響でしょうか。
ジメジメの一週間、猛暑もきついですがこの残暑の湿度はこたえます・・・
夏の疲れがでる頃なので、皆様無理なさらずに早めの対策を心がけて下さいね!
症状がひどくなる前にご連絡下さい。お待ちしています。

「頭が重い」「体がだるい」「耳鳴り」と言われて通われていた患者様が、
転職し、引っ越しもした為にしばらく来られない状態でしたが
(私も気になっていましたが・・・)久しぶりに来られました。
「ずっと調子はよかった」という事でした。一安心です。
休みには遊びに行ったりもして順調なようでした。
お体を見るとハリがありだいぶ疲れもたまっているようでした。

身体のねじれを取り脊柱を起こしていくと緊張はとれ反応もいいです。
転職前にできる限り施術の回数をしておいたのが功を奏していたようです。
慣れない所での仕事なので緊張があるようです。
住まいも変わったので私生活もすべて慣れない事尽くめのようですが
頑張っているとのことでした。
頭蓋骨の調整を念入りに行い身体の緊張がとれるポイントをお伝えし、施術を終えました。
だいぶ遠くになってしまいましたが、元気に働く為にしっかり良くしていきましょうね♪

次回のご予約も入れてお帰りになりましたが、こういう場合、
ムリして来ても替えって疲れてもいけませんし、身体が楽になるから施術を受けた方がいいという事とどっちをとるかのぎりぎりの決断になる場合もありますが、基本「患者様の一番いい状態」という事を考えます。

施術を受けることが第一ですが疲労は、休息が一番です。
休息しようにも体に力が入ってしまい体が休めないようでは意味がないので施術が必要ですが
本人が眠れる状態で休息を必要としているのであれば施術よりも体をとにかく休ませることが先になることもあります。
要するに、患者さんにとって何が一番いいのか?が選択の基準になります。

ただ、今迄の様々な経験により言えるのは、
本当はつらいようでも施術を受けることが結局は一番なように思います。
身体が休める状態にしてあげると、回復力も断然違ってくるのです。
後々その違いは明らかになってきます。
「調子が悪いから今日は施術はやめておく」のではなく、
「調子が悪いから今日は施術を受けます」が、より良い選択になると皆さんが実感されています。

体の安定が意味するもの

先日、脊柱を何度も手術したという方の施術をしました。
腰椎、胸椎、頸椎と、一時期は歩けなくなり、
医師も今後は車いす生活になるかもしれないと思ったほどだったが
手術後歩けるようになり回復したそうなのですが。
その数年後に、腰痛を発したという事です。

体は左に大きく傾き、歩くのも左右に大きく体を揺らすように歩くことしかできません。
手術は圧迫箇所を削ずる処置なので、根本的な改善には至らなかったのでしょうか。
整体やカイロプラクティックの視点で見ると、原因はあきらかです。
関連個所の筋肉を慎重に調整し、骨盤のズレを正して脊柱を整えると
体の傾きはだいぶ軽減しました。

数回の継続した施術を行ってきましたが、
少しずつ体の傾きは元に戻り施術直後は痛みは消失しています。
当院の施術を受けた後、しばらくすると痛み出したが、
回数を重ねると(痛みが生じ始める迄の)間隔は長くなってきたと言います。
体の安定が持続してきているようです。
持病もあるという事でしたが筋力の低下がみられていたので
栄養状態のお話もお聞きし、健康のメカニズムや栄養の大事さも提案してきました。

体の傾きから生じる症状と考えられる、めまいや、平衡感覚のズレ、
頭を傾けると転んでしまう等の症状も改善されたそうです。
集中力もよくなったといいます。
何よりも痛みから解放され元気になったという事なので
本当によかったです。

体のバランスを崩すと体幹のズレで側頭骨が左右不均等になり
三半規管に影響を及ぼすと考えています。
その他にも、神経伝達がうまくいかない事で反応が遅れてつまずきやすかったり
栄養の運搬にも影響し筋の衰えが進んでしまうこともあるように思います。
ストレスや過労などで栄養の摂取や吸収が低下すると
栄養状態は低下します。
痛みや不安で安心できず不眠になると消化酵素の生産にかかわりますから
ますます栄養不足は加速します。
そうすると神経伝達に影響し負の連鎖も起こりやすくなります。

腰痛の改善で来られた患者さんが
体を整えていくと原因不明と言われるメニエール病も改善したというケースも
体幹が安定し側頭骨も整うと三半規管の機能が正常化され
リンパ液の排泄、循環もよくなる為に改善がそくされるのではないかと思われます。
その他にも、
めまいや頭痛が改善してしまうのもそういった理由からではないでしょうか。
断定や「治ります」とは言えませんが・・・

脊柱を整える事、体を安定することが
数々の体の不調の改善に繋がっていると
患者さんからの報告や、目の前で患者さんの体が整っていくのを見ていると
日々、そう実感しています。
この仕事を始めた時よりも私の中でますます確信になっています。

体の不調、もしかしたら体幹のズレ体が不安定なのが原因かもしれません。
気になる症状がある方は是非ご相談ください。
ミモザ整体院HP http://sachi-seitai.jp