赤い食べ物♪

気温も高くなってきたのでそろそろ夏野菜も体に入れていこうと思います。
夏野菜は体を冷やす作用があるので冬はあまり食べないようにしていました。
トマト。リコピンの抗酸化作用で活性酸素を除去です。
ピーマンもビタミンCが豊富です。赤ピーマンが特に含有量が高いそうです。
イチゴも今が一番出回る時期でお値段もお安くなっています。
自然に美味しく育つ時期ということ!!なので栄養もたっぷり詰まっています!!
ビタミンCいっぱい♪甘酸っぱい♪
(買い物へ行ったら、かごの中身が赤いものばかりになっていました♪)

トマトは、チーズ(亜鉛が摂れます)に目玉焼き、トマトを集めにスライスして
人参、レタスをサンドして、サンドイッチに♪
マヨネーズは市販の物でなく、手作りです。
豆腐とエゴマオイルとお酢に塩コショウ、キビ糖少々入れ、
ミキサーにかけるだけでマヨネーズができます。簡単に作れますよ。

お酢を入れすぎなければしっかりトロリとします。豆腐はレシチンを含むので固まります。
以前は豆乳で作っていましたが、買い忘れても豆腐ならいつも冷蔵庫にあるのですぐに作れます。
練りごま入れたり、からし入れたり、アレンジ自在。

(自分でマヨネーズを作ると、その油の量に驚きます。
卵黄一個に対して油180mlコップ一杯弱・・・えらい量。
マヨネーズは、ほぼ油。
でも、それだけ入れないと固まらないのです。)

レシチンは、血管に付着したコレステロールを溶かし血流の流れを良くする作用もあると言います。
豆腐マヨネーズならたっぷりかけても安心!

赤ピーマンは外側が真っ黒になるまでしっかり焼いて、
黒い所はきれいに剥いて、甘酢醤油でいただくと
トロリとした食感に、甘味が充分にひろがって
「えっこれ、何?」ってびっくりされるほど
ピーマンとは思えないお味に変身です!ぜひお試しあれ♪

それから、アサリも美味しかったです。ニンニクと白ワインたっぷりのボンゴレは
香り高いので休日限定のメニューかな。外出しない夜なら大丈夫か・・・
私はトマト味が好きなのでボンゴレ・ロッソにしてしまうのですが
バジルもきかせて・・・(またまた赤ですね~♪)
この時期に美味しいアスパラを添えると色合いもキレイでおすすめです♪

貝類に含まれるタウリンは肝機能UP、コレステロール値を正常にすると言われ、
目の輝きにもいいので継続して摂り入れたい栄養成分ですね。

ビタミンCは、コラーゲン生成に必要なビタミンで、ストレスがかかると多量に消費され
煙草を吸う人もかなり消費されるそうですよ。
この時期、気温も不安定で環境的なストレスを受けている可能性があり
特に40代の女性はすでに体の調整にストレスを受けているので要注意。
でも体内にためておくことができないのでこまめに摂取することが必要です。
今から夏に向け、栄養をしっかり摂って体を作っておきましょう♪
・・・
栄養吸収には、食べ物に気を付けるだけでは不十分なんです。
キレイにも関わりますよ・・・次回、詳しくお話しますね♪

新北習志野店の西友が12日にリニューアルオープンしたそうです。
seria、しまむら、メガネハットなども新たに加わったようです。
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台1-35-1
アクセスは新京成線 北習志野駅 東口・東葉高速線 北習志野駅 T5出口から徒歩4分
・・・街情報でした。

糖質制限ダイエットは老化するらしい?!

糖質制限ダイエットを続けると老化が早まる。
というようなことが言われているようです。
マウスの実験で、
普通に食事をした場合と、糖質制限したマウスでは、
老化の速度にかなりの違いがあり、
明らかに「糖質制限したマウス」の方に老化がみられたそうです。

数年前から食の大切さを伝えることが必要に感じて、食に関することも提案できたらと
施術の傍ら、食についても勉強を重ねてきました。
丁度患者さんにもアドバイスをし始めていたので、本当にタイムリーな話題です。

以前も確かブログの記事にあげていますが、
ある患者さんが来られ、糖尿病に、数々の持病を重ね、治療費がかさみ、
健康でない為にあまり仕事も出来なく更に腰痛の為に苦しい思いをしていると。
治る見込みはないが高額な医療費を払い続けている状態はとても苦痛で
「もっと健康に気を付けていればよかった」と、とても後悔していました。
その方は、40代後半。
そのすぐ後に来られた30代の患者さんは外見からしても生活習慣病が気になります。
今は腰痛だけの症状ですが、放っておいたらやはり上記の患者さんのようになるのは
察しがつきます。腰痛改善の為にも失礼を承知で、その人の為と思い、
「痩せられたほうがいいですよ」上記の患者さんの事も伝えました。
当院の秘密兵器のツボをピンポイントで発見できるツボ探知機で(人によりツボの位置は違う為)
耳つぼのシールを張るなど、体に良い食材をおすすめするなどもしましたが、
まだ若い為に前者の方と比べ危機感は薄い感じを受けました。そこで、
もっと、根本的にしっかり食の大事さを伝えられるようにちゃんと考えなければ。と、
数年前に思った訳です。

体を作る為に必要な栄養を摂り、量も必要な量で、一回分の食事の量も消化できる分の適量をとる。
これが、正しい食事で、年齢や活動量でそれぞれです。
栄養に偏りがあるとカロリーは摂っていても栄養失調の状態。
そうなれば体の各器官へは栄養はいきわたらず、体はつくられません。
肌はガサガサ、髪もパサパサ、白髪になり、血管も、骨もボロボロ、筋肉も作られなくなる為エネルギーが使われず太りやすくなり、体を支えられず姿勢は崩れ、内臓も支えられずにお腹ポッコリ、脳に栄養がいかない為集中できずボーとして。目もかすみ、耳も遠くなり、疲れやすく、免疫力は低下し病気になりやすく・・・
つまり老化です。
一日一食の人や、お菓子や菓子パンでご飯を済ませる人もこれに同じです。
けっこう、こういう人は多いのではないでしょうか。
よく見ると姿勢が悪く、元気もなく、年齢の割にまるで老人のようではありませんか?

少し食べないと痩せる為、若くなったように感じたり、食べるのが面倒だったりで、まあいいかと一瞬の変化に惑わされていると、
結果、中では老化が進んでいます。健康診断で数値が下がっていたとしても、それ以前がひどかったために、
それよりはまだいい状態なだけかもしれません、本当の所、栄養失調で血管がボロボロになっていたり
しないように、しっかり体を作っていかないと。長い目で見た時にも健康と言えるのか考えてみた方がよさそうです。

それだけでなく、
現代社会には食べなくてもいい食べ物があふれ、
そういった商品を食べたく思わせるように巧みに広告しています。
そういったものを摂ると解毒するのに内臓に負担をかけることになります。
そうすると、内臓の本来の働きが滞りバランスを崩すもとになります。
そういった物をなるべく食べないようにコントロールする必要もあります。

歴史を見ればわかります。いつも何かしらダイエット的な健康ブームが起こります。
誰かが仕掛け、誰かが儲けているのです。そしてお手軽さを求める人、人に流される人がいる為に後をたちません。
結局はいつも、当たり前の、昔から食べられている物を食べることがいい。という結論にかえります。
振り回される内臓は確実にダメージを受けています。
裏にあるものを呼んで、人のいう事に振り回されず、確かな目で自分の身体は自分で守りましょう。

でも、本当に栄養をしっかり摂るのは大変です。
野菜中心で海藻、きのこ類、卵、牛乳、大豆、お肉、魚。これらを調理し。
食べ過ぎも、濃い味付けも気を付け、季節に合うもので体を調整し、飽きないように変化もつけ。
毎日毎日摂り続ける。

健康になるには、お手軽な道はないと思います。体の事をしっかり知り、
ちゃんとした栄養のあるものをしっかりと食べ、しっかりした体をつくる事が大事です。
(しっかり栄養がいきわたる体でなければ食べても意味を成しませんが・・・)
めんどくさがって手抜きすれば、そういった身体が出来上がり、
手をかければちゃんとしっかりした体がつくられます。
しっかり働くためにも、大事な人の為にも、健康でいていただきたいと思います。

ミモザ整体院では栄養が体に行き渡るように体を整え、体内循環が良くなるようにうながし、
普段の体の使い方をチェックし、それぞれの体に合った運動法を提案しています。
食事の事をアドバイスを行い、メンタルのサポートも行っています。
これらは健康でいる為の重要な要素です。

お酢で腸活

調味料としての位置づけですが、
胃腸の調子を整える作用もあるそうです。
近頃流行りの「腸活」便秘に悩む女性は後を絶たないそうですが。
腸活といえばヨーグルトや食物繊維などが思い浮かびますが
お酢も発酵してできたものです。
(糖質を含む食材を原料に、それをアルコール発酵させた後、酢酸発酵させた液体。)

腸がキレイなら血液も必然的にキレイなのだから当たり前ではありますが
腸にだけでなく
コレステロールを穏やかに下げる
高血圧を防ぐ
疲労回復
塩分を抑えられる
カルシウムの吸収をUPさせる

それから
殺菌作用で防腐効果で保存にも使用でき
タンパク質を固める作用、柔らかくする働き、味にコクや深みをだすことから
お料理にも活用でき、
お掃除にも利用できます。

胃腸の調子を整え、血液の流れを良くすることから美肌にも期待できそうです。

毎日大匙一杯摂取することが健康にいいそう。
私はオイルもお酢も好みの物でドレッシングをその都度つくっています。おすすめです。