ウイルスから身を守る為に必要な事は

今日は冷えますね!
気温が低くなってから、
外に出る時には、
「腹巻」「レッグウオーマー」を付けて・・・
と防備をしっかりとしています。
それからお風呂から上がったら、
すぐに靴下をはき足を冷やさない事、
髪をすぐに乾かす事。

年齢を重ねてくると、
エネルギー消費を気にかける必要があります。
女性ホルモンの変動や、
気温差による体内での調整、
体の細胞の修復や再生(生まれ変わり)
体の中では様々な調整などに
エネルギーが使われています。

体の機能を
これまでのように(元気な頃の時のように)ただ何もしないでいるのと、
体の機能がスムーズに働くように手助けしてあげるのでは、
この先に大きく差が出てくると思われます。

年齢を重ねるだけで、体の細胞は傷ついているそうですよ。
その細胞を修復している所に、
暴飲暴食、もしくは栄養を与えないような偏った食事や断食したり、
睡眠時間を削ったり、ストレスで副腎皮質にダメージを与え、ビタミンCを消費していると
体は不完全にしか作り上げる事ができません。

そこにウイルスなど細菌が攻めてきたりしたらどうでしょう、
もしくは自分の細胞が不完全では、細胞のミスプリントが起きやすいと言えますよね。
外部からの侵入者を防ぐことがで出来なかったり、
悪い細胞を作り出してしまうリスクがあるという事を
充分知って下さいね!

体に本当に必要な栄養素を摂取する事、
充分な休息、
ストレスをはねのける、明るく前向きな精神状態、
これらが健康にそして若さには必要になります。

そして、体の機能がうまく働くように
脳と内臓(各細胞)とのやりとりをする神経伝達。
神経の通り道がしっかりと確保されることが健康に大きく関わると言えます。
その為に骨格を整える必要があります。

日々のこまめな体をいたわる習慣と、
骨格を整える事の大事さを、
今この季節の変わり目に、
充分に考えていただけたらと思います。

「ミモザ整体院の食を考えるブログ」 https://ameblo.jp/mimosa-seitai/の中で
「40才を過ぎたら気を付けて。栄養吸収の衰え。内臓疲労。」に詳しく書いていますので合わせてご覧ください

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

大寒

大寒~寒さも一番の底と言ったところでしょうか・・・
でも一番低いのならあとは上がるだけ、
春になるのを待つのみです。
この頃、ふきのとうは顔を出すと言われます。
土の下では着々と春の準備をしています。

こんな時こそ準備の頃です。
春になって体を動かしやすくなった時の為に
色々計画を練っておきましょう♪

春から何か新しい事をチャレンジするのもいいかもしれません。
家でできる事なら今からでもできますね!

年を重ねるとホルモンの変動により、
寒さや暑さの調整にも一苦労で疲れやすくもなり・・・
また、こうした寒さが続く時に多くのエネルギーを消費します。
かと言って、代謝は落ちている為に高カロリー食では太ってしまい
小食ではへばってしまいます。

体にいいものをしっかり食べることが必要です。
若くてもストレスや疲労でホルモンバランスが崩れている時は
同じなので気を付けましょう。
基礎体力を上げる為に簡単な運動をするのも大事です。
かと言ってハードな運動では疲労が増して、
かえって体調不良から抜け出せなくなるので注意が必要!
15分ぐらいの軽い運動にしましょう♪
続けることが大事です。

油の多いものや甘いものを控え
緑黄色野菜、抗酸化作用のある物を積極的に摂りましょう♪
根菜類や海藻きのこ類、穀物など、食物繊維も摂りましょう♪

寒さの中、できることをやるかやらないかで
春になって違いが出てきます!
何だか教訓めいていますね~仕事でも学習でも言えそうですが・・・
健康や美しさも日々のこまめな習慣で違ってくるので
頑張っていきましょう♪

冬のうちに体調を整えたいと思う方、
元気になりたい!と思う方は是非ご相談ください
ミモザ整体院 ➡ http://sachi-seitai.jp/

ストレスには日本茶のビタミンC

ストレス。。。
急激に寒くなりましたよね。
ホンの数日に25度近くまで上がったかとおもうと
今日は10度以下、朝方は2度です。

この急激なup downで体はストレス状態です。
そもそも、人間の体は
「バランスをとる」為に機能し、
バランスがとれていることが「健康」と言えます。
その為、これだけの環境での変化があるとバランスをとる為に、
体のあちらこちらで通常よりもフル回転で仕事をしている状態。
なので、体はストレス状態です。

このストレスな状態は、
交感神経が上がり、血圧は上昇し、臨戦態勢。
(体を守る為の防御反応が働きます)
(厳密には、ストレスに立ち向かうべく、血圧をあげている状態なのです)
そして、このストレスに関わるのが、「副腎」です。

副腎は髄質からアドレナリンが出て、血圧を上げます。
そして、脳(下垂体)から副腎皮質刺激ホルモンを分泌し、
刺激を受けた副腎皮質からは「糖質コルチコイド」というホルモンが分泌され
ストレスに対する抵抗力を維持します。
この時、このホルモンが生成されるのに必要なのが「ビタミンC」
いわば、ストレスと闘う時に多くのビタミンCが消費されるのです。

徐々に季節が変化し、ゆっくり温度変化が起これば
体はゆっくりと適応できるのですが、
気温の変化が急激に起こると、それだけ体に負担がかかり
ストレスを受ける時間が長引くと体は体力を消耗します。

ストレスは精神的なことだけでなく温度変化や食物、環境汚染など
身体が受ける事も、ストレス反応を起こし副腎に負担がかかります。
副腎の疲労は、感染症、喘息、甲状腺の病気などにも影響し
エネルーギーが極度に消耗すれば生死にかかわることもあります。

年末にかけ、行事も増える時期なので、
しっかり睡眠と栄養を摂りビタミンCも補給しましょう♪
(ビタミンCの補給には日本茶がおすすめです。
緑茶に含まれるテアニンのリラックス作用もあります♪)

気温差はコチラからはコントロールできません。
身に付けるもので小まめに調節し、
気温以外のストレスを減らすようにしましょう

~「自分だけのストレス発散法」を日頃から考えておき、
  こまめにストレスを発散させておきます
~感情をコントロールできるように訓練しておきます

ご興味のある方はご相談ください。
ストレスが強い方はご相談ください。
ミモザ整体院 Hp http://sachi-seitai.jp/