食欲の秋!の前に・・・

夏の疲れが出ていませんか?
疲労回復にいいビタミン!!ありますよ。
「ビタミンB1」、穀類の胚芽の部分、豚肉、レバー、豆類に多く含まれます。
玄米には豊富に含まれています。最近、女優さんにも酵素玄米が流行っているようですね
エネルギーに必要な糖質の分解を助ける栄養素です。
そして、体内にたまる疲労物質の「乳酸」を分解する作用があるため
疲労を緩和し回復を早めてくれる働きがあるという事です。

また、ビタミンB1は中枢神経や末梢神経の働きを正常に保つ役割もあるそうです。
よく言われるのが、
「不足すると脚気になる」手がシビレてむくみ、動悸・・・といった症状
糖質が分解されず乳酸がたまるので「疲れやすい」といった症状
そして
糖質が分解されないと糖質は摂っていてもエネルギー不足になるため
気分がふさいで集中力がなくなることもあり、イライラして怒りっぽかったりすることもあります。偏った食事をしているとイライラして怒りっぽくなるのはこのせいなんですね。
一応食べてはいるものの実は脳は栄養不足な状態!思い当たる人はいませんか?
もともと食事がとれていない人も、集中力がなくなりやる気が出なくなるのは栄養の不足なだけでなく、ビタミンB1が不足しているからなんですね。

ますます食欲不振になったり、吐き気や便秘胃腸障害、動悸、息切れの症状にも繋がります。
白米の食事をしていると不足しがちのようです。食事代わりにお菓子で済ましていたり、インスタント食品ばかり食べている人は気を付けて下さいね。

ゴマやナッツ類にも含まれるそうなので、食卓にゴマを用意し、なんにでもかけたり
おやつ代わりに小腹がへったら、お菓子でなくナッツをほおばるのもいいかもしれません。
(ナッツは食塩や油の使用していないタイプがおすすめです)

その他、調理法は
水溶性で熱に弱いのでさっと洗い、煮たりした時は煮汁も一緒に頂くのがいいようです。
それから、玉ねぎやニンニク、ニラなどの香味野菜のアリシンという物質がビタミンB1の吸収を促進するようです。豚肉に相性ピッタリなので一緒に料理すれば美味しくいただけますね。
またアリシンには抗菌作用があるため疲れがたまって免疫が低下している時にはとてもいい食材といえそうです。

アルコールを代謝するときに消費されてしまうという事なので
アルコールを飲まれる方はビタミンB1を含む食材をたくさん摂るようにして下さいね。

さっ、これであなたも夏の疲労を回復させて、美味しい秋を満喫してくださいね。

/
腰痛、肩こり、ヒザ痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、自律神経の不調、生理痛の症状を
本気で治したい方は
北千葉カイロプラクティック整体院  http://sachi-seitai.jp

本物の整体を習うなら  JN整体スクール http://www.jinbo-co.jp

鎌ヶ谷市(南鎌ヶ谷、東道野辺、南道野辺、馬込沢、道野辺中央、道野辺本町、中沢、東中沢、北中沢、中沢新町、初富、南初富、右京塚、くぬぎ山、初富本町、北初富、新鎌ヶ谷、串崎新田、粟野、佐津間、中佐津間、西佐津間、南佐津間、軽井沢)を始め、柏市(六実、高柳、逆井、増尾、新柏)、船橋市、市川市、本八幡、下総中山、浦安市、松戸市、白井市、印西市、千葉市(花見川区、美浜区、稲毛区、中央区、若葉区、緑区)など千葉県内はもちろん、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県からもどうぞお越しください.

老化を防ぐ・・・

ビタミンEは活性酸素の害から細胞膜をまもり、過酸化脂質ができるのを防ぐ働きがあり、
アンチエイジングにはかかせません。
個人的にはアンチエイジングより、ヘルシーエイジング押しです
年齢にこだわらず、無理なく健康的に!と言ったところでしょうか・・・
ですが、身体が酸化したら・・・血管の壁に沈着して動脈硬化になり、
血流が悪くなり、心筋梗塞や脳卒中を招くと言います。
ビタミンEをたっぷりとれば生活習慣病の予防につながるという事ですv
血行障害からくる肩こり、頭痛、冷え症などの改善や
更年期障害の症状を和らげるそうです。
髪の健康や肌荒れ、それから日焼けにもいいそうです。
これからの季節、すすんで摂りたい栄養素ですね。

ビタミンEを含む食材は
植物油、ナッツ類、豆類、緑黄色野菜、魚にも含まれるそうで
オリーブオイル、ごま油、アーモンド、ウナギ、かぼちゃ、アボカド、ホウレンソウ等

身体は食べた物でできている!食事は大事です!

/
腰痛、肩こり、ヒザ痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、自律神経の不調、生理痛の症状を
本気で治したい方は
北千葉カイロプラクティック整体院  http://sachi-seitai.jp

本物の整体を習うなら  JN整体スクール http://www.jinbo-co.jp

鎌ヶ谷市(南鎌ヶ谷、東道野辺、南道野辺、馬込沢、道野辺中央、道野辺本町、中沢、東中沢、北中沢、中沢新町、初富、南初富、右京塚、くぬぎ山、初富本町、北初富、新鎌ヶ谷、串崎新田、粟野、佐津間、中佐津間、西佐津間、南佐津間、軽井沢)を始め、柏市(六実、高柳、逆井、増尾、新柏)、船橋市、市川市、本八幡、下総中山、浦安市、松戸市、白井市、印西市、千葉市(花見川区、美浜区、稲毛区、中央区、若葉区、緑区)など千葉県内はもちろん、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県からもどうぞお越しください.

お肌の乾燥とドライアイに必要なもの・・・

新緑がキレイで、お花も次から次に咲き続いて、
お散歩が気持ちよく、行楽の季節となりました。
ただ空気は乾燥しているし昼夜の寒暖差もあり、風邪をひかないように気を付けて下さいね。
そこで、
乾燥からお肌や粘膜を守り維持する栄養素、ビタミンA。
動物性の
レバー類や、ウナギ、卵、バター、チーズ、
植物性の
人参、ほうれん草、小松菜、かぼちゃ等々色の濃い野菜(カロテノイドが含まれる為、
バターが黄色いのは牛のエサの牧草にカロテノイドが含まれるためだそうです)
シソやパセリ、海苔などの海藻類、お茶などにも含まれます。

動物性は初めからビタミンA(レシチン)の形で含まれていて、植物性のものは体内でビタミンAに変換されるベータカロチンとして含まれます。
酸化しやすく分解されやすく、油脂に解ける性質があるので(小腸で脂質と一緒に吸収される為、一緒に摂ると吸収もよくなる)短時間で油を使って炒める調理の仕方がよいようです。

肝臓に貯蔵される為、摂りすぎると肝臓を傷めてしまうので注意しましょう。
普通に食事から摂取していれば問題ないと思われますが、サプリメントでとられている方は気を付けた方がよさそうです。食事から栄養を摂ればよくない作用を解毒する作用のものもちゃんと含まれているし、他の栄養素や効果を高めるビタミン類も入っているので相乗効果も期待できるので、自然からの食物を美味しくいただくことがおすすめです。
※妊婦さんは過剰摂取すると問題があるということなので気を付けて下さい。
 不足してもよくないので注意が必要です。

喫煙や飲酒が多い方はベータカロチンが消費しやすいという事です。
不足すると髪の毛が抜けやすくなるそうですよ。
お肌の乾燥やドライアイが気になるお年頃になったら、ますますこまめにとりたいビタミンですね!

/
腰痛、肩こり、ヒザ痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、自律神経の不調、生理痛の症状を
本気で治したい方は
北千葉カイロプラクティック整体院  http://sachi-seitai.jp

本物の整体を習うなら  JN整体スクール http://www.jinbo-co.jp

鎌ヶ谷市(南鎌ヶ谷、東道野辺、南道野辺、馬込沢、道野辺中央、道野辺本町、中沢、東中沢、北中沢、中沢新町、初富、南初富、右京塚、くぬぎ山、初富本町、北初富、新鎌ヶ谷、串崎新田、粟野、佐津間、中佐津間、西佐津間、南佐津間、軽井沢)を始め、柏市(六実、高柳、逆井、増尾、新柏)、船橋市、市川市、本八幡、下総中山、浦安市、松戸市、白井市、印西市、千葉市(花見川区、美浜区、稲毛区、中央区、若葉区、緑区)など千葉県内はもちろん、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県からもどうぞお越しください.