お酢で腸活

調味料としての位置づけですが、
胃腸の調子を整える作用もあるそうです。
近頃流行りの「腸活」便秘に悩む女性は後を絶たないそうですが。
腸活といえばヨーグルトや食物繊維などが思い浮かびますが
お酢も発酵してできたものです。
(糖質を含む食材を原料に、それをアルコール発酵させた後、酢酸発酵させた液体。)

腸がキレイなら血液も必然的にキレイなのだから当たり前ではありますが
腸にだけでなく
コレステロールを穏やかに下げる
高血圧を防ぐ
疲労回復
塩分を抑えられる
カルシウムの吸収をUPさせる

それから
殺菌作用で防腐効果で保存にも使用でき
タンパク質を固める作用、柔らかくする働き、味にコクや深みをだすことから
お料理にも活用でき、
お掃除にも利用できます。

胃腸の調子を整え、血液の流れを良くすることから美肌にも期待できそうです。

毎日大匙一杯摂取することが健康にいいそう。
私はオイルもお酢も好みの物でドレッシングをその都度つくっています。おすすめです。

/
腰痛、肩こり、ヒザ痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、自律神経の不調、生理痛の症状を
本気で治したい方は
北千葉カイロプラクティック整体院  http://sachi-seitai.jp

本物の整体を習うなら  JN整体スクール http://www.jinbo-co.jp

鎌ヶ谷市(南鎌ヶ谷、東道野辺、南道野辺、馬込沢、道野辺中央、道野辺本町、中沢、東中沢、北中沢、中沢新町、初富、南初富、右京塚、くぬぎ山、初富本町、北初富、新鎌ヶ谷、串崎新田、粟野、佐津間、中佐津間、西佐津間、南佐津間、軽井沢)を始め、柏市(六実、高柳、逆井、増尾、新柏)、船橋市、市川市、本八幡、下総中山、浦安市、松戸市、白井市、印西市、千葉市(花見川区、美浜区、稲毛区、中央区、若葉区、緑区)など千葉県内はもちろん、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県からもどうぞお越しください.

ほうれん草

寒さが増して柔らかく、厚みも増して色も濃くなり美味しくなったほうれん草

ビタミンC、ビタミンE、と美肌の元に、鉄分も豊富でしかも鉄分の吸収を上げる葉酸も含まれるため女性の味方。
それに注目なのがβカロチン、ルテイン。
こちらも美肌の元でもありますが、強力な抗酸化作用で
ガン予防、免疫機能を保つ、血管の若返り(血液サラサラにしても血管自体に弾力がないと様々な病気に対抗できません)、視力の維持や黄斑変性症を予防する効果があります。

「黄斑変性症」~聞きなれない病名ですが、失明の原因として欧米では認知されています。
メカニズムを見ると誰でもなりうる可能性があり、この病の予防には緑黄色野菜を摂取することが薦められています。

認知症の予防の為、血管や神経細胞を増やすように促し、また守る為に抗酸化物質を含む野菜の摂取が薦められています。
と、アンチエイジングや健康には欠かせない食材です。
何より美味しいのがうれしいですよね。

ただ、
ほうれん草に含まれるシュウ酸が結石を作ると言われている為に
クエン酸、マグネシウム、食物繊維、カルシウムを多く含むものと一緒に摂取するといいそうです。
シュウ酸はほうれん草だけでなく、たけのこ、チョコレート、紅茶にも含まれるそうです。
ご注意を!この季節、チョコレートの食べ過ぎには注意しましょう。

/
腰痛、肩こり、ヒザ痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、自律神経の不調、生理痛の症状を
本気で治したい方は
北千葉カイロプラクティック整体院  http://sachi-seitai.jp

本物の整体を習うなら  JN整体スクール http://www.jinbo-co.jp

鎌ヶ谷市(南鎌ヶ谷、東道野辺、南道野辺、馬込沢、道野辺中央、道野辺本町、中沢、東中沢、北中沢、中沢新町、初富、南初富、右京塚、くぬぎ山、初富本町、北初富、新鎌ヶ谷、串崎新田、粟野、佐津間、中佐津間、西佐津間、南佐津間、軽井沢)を始め、柏市(六実、高柳、逆井、増尾、新柏)、船橋市、市川市、本八幡、下総中山、浦安市、松戸市、白井市、印西市、千葉市(花見川区、美浜区、稲毛区、中央区、若葉区、緑区)など千葉県内はもちろん、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県からもどうぞお越しください.

暑さから体を救う食べ物。

夏野菜が美味しい季節です。
トマトの値も下がって味も濃く美味しくなりました。
キュウリもシャキッと美味しく夏メニューには欠かせません。

熱中症対策に塩分を摂ることが必要ですが、
すでに暑さのせいで塩分の濃いものは無意識にとっています。
塩分を摂りすぎると体内の水分量が増え、ムクミやすく
体が重くなり、頭もボーとしがちです(暑さのせいでもあるように感じますが・・・)

そんな夏場の塩分バランスを整えるのがカリウムを多く含む夏野菜。
摂りすぎてしまった塩分を上手に体外に排泄ししてくれます。
特に血圧高めの人は、夏野菜をたくさん食べましょう。
「塩分摂ったら、夏野菜と海藻をしっかり摂る」です。
そして体を冷やす作用もあるため夏には持ってこい。夏野菜でクールダウンさせましょう。
なので冷房で冷えを起こしている方は生でバリバリは控えるか温めて食したほうがいいかもしれません。

そしておすすめなのが
そうめんのつゆにトマトを使うこと。
トマトはグルタミン酸が多く含まれている為、出汁としても使用でき、イタリヤやスペインでは当たり前のようですが・・・ラタトゥイユ、ガスパチョ美味しいですからね。。
とにかく、トマトが入るとうまい。ので・・・。
トマト鍋も流行ってたみたいですし。。。
嫌いでなければトマトは色々合わせられます。
カレーにも、焼きそばにも(塩焼きそばでね)、卵焼きにも、焼き肉のたれにもトマトを入れ、野菜にお肉とニンニクとトマトを乗せて・・・等々・・・
ドレッシングにも使います。
トマトのみじん切りにオリーブオイル(好みのoil)、塩、コショウ、バジル
(これだけでも美味しいですが、)粉チーズやすりゴマなども加えると風味がよくなります。お好みで・・・

茗荷やシソも夏には欠かせません。香りをかぐだけで涼を呼びます。
ワサビの風味もスーッと涼しげです。食材を菌から守るので夏に欠かせません。
旬は春なようですが、この時期食べたいお味です。
ワサビドレッシングもおすすめ。ワサビの辛さがoilで弱まるので結構多めでも大丈夫。
しょうゆベースでも、オリーブoilベースでも合います。
海苔を混ぜても美味しいです。キュウリやレタスとじゃこのサラダに合います。奴にも。シャキシャキ大根サラダにも合いそう。
お刺身をマリネにしても、お肉にかけても、アボカドにも・・・
何だか夏野菜からそれてしまいましたが・・・お試しあれ。
/
腰痛、肩こり、ヒザ痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、自律神経の不調、生理痛の症状を
本気で治したい方は
北千葉カイロプラクティック整体院  http://sachi-seitai.jp

本物の整体を習うなら  JN整体スクール http://www.jinbo-co.jp

鎌ヶ谷市(南鎌ヶ谷、東道野辺、南道野辺、馬込沢、道野辺中央、道野辺本町、中沢、東中沢、北中沢、中沢新町、初富、南初富、右京塚、くぬぎ山、初富本町、北初富、新鎌ヶ谷、串崎新田、粟野、佐津間、中佐津間、西佐津間、南佐津間、軽井沢)を始め、柏市(六実、高柳、逆井、増尾、新柏)、船橋市、市川市、本八幡、下総中山、浦安市、松戸市、白井市、印西市、千葉市(花見川区、美浜区、稲毛区、中央区、若葉区、緑区)など千葉県内はもちろん、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県からもどうぞお越しください.