毎日、何を心に刻んでいますか

患者さんからこんな話を聞きました。
テレビでの話だそうですが・・・
不眠の原因が実は旦那さんの言動で
その日あった嫌な出来事をノートに書いて寝ると
良く眠れるようになったという話でした。

モヤモヤを解消させて心を整理するという事はいい事だとは思いますが・・・
でも、どうでしょう。
テレビという場や取材に来ていた人に「聞いてもらった」「気持ちを分かってもらえた」
という事で、少し気持ちが救われて良く眠れたのだと思われます・・・
でも、それを続けていらどうでしょう。
日々、寝る前に旦那さんを悪い人、嫌な人と自分に言い聞かせているようにもとれます。
嫌だったことは嫌だったと認識することは、その後改善する為に問題点を明確にするにはいいと思います。
それには、自分の態度も相手を助長させていなかったか点検してみる必要もありそうです。
いい関係を築きたかったら、「こんなこと言われて嫌だったわ」
「こんな態度が悲しかったわ」「楽しい気持ちで過ごしたいわ」と
自分の希望を言ってみて二人の時間がよくなるように話し合ってみたり
向き合うことも大事なように思います。(言い方は充分注意したほうがいいですが・・・)
(それに案外旦那さんも気づかないだけかもしれないし・・・)

問題点を書き出しただけでは現段階では少し気持ちは落ち着いても、
解決することもしていかないと抑えただけでは気持ちは晴れないままです。
いずれ噴出することになるでしょう。

自分の中での気持ちの整理も大切ですが
相手を信じて、自分の気持ちを伝えることも必要に思います。
相手の気持ちも大事にしながら・・・

一日の中で旦那さんの嫌な所を書き出したら、その後に必ず
旦那さんのいい所も書き出してみたほうがいいと思います。
(嫌な所10個書いたら、いい所は11個。一つ多くしてみましょう♪)
だって、ずっと一緒にいる人の嫌な所ばかり目を向けていても嫌な気持ちになるばかりじゃないですか。
「いい人と一緒にいる」、と思った方が断然幸せです。
旦那さんのいい所を探してみましょ♪たくさんあるはずですよ。自分が選んだ人なのだから・・・
逆で考えてみると・・・相手から「いい人」と思われてそう見られていたら「嫌な人」と思われるより
きっと気持ちいいし、そういう自分になってしまう、と思います。
旦那さんに「やさしくいい人」になってもらいましょう♪
旦那さんのやさしさを信じて、優しさや思いやりを育てるのはどうでしょう、
二人の関係性を育てて。自分の居心地もきっとよくなるのでは。

着地点、到達点。自分のなりたい夫婦像のあり方が描けていなければどこに向かうのでしょう。
旦那さんの嫌な所を見つけることが最終地点ではないはずです。
一時の効果に惑わされないで・・・
自分のなりたい、叶えたい人生がはっきりすれば、そこに向かうためにどうしていくかもわかるはず。

寝ている時に記憶は整理され定着させているとも言われます。
眠る前は心に刻みたいことだけを思うことが大事なように思います。
その前に反省すべき点はしっかり反省し、
整理させることはその日のうちに整理させ、心をクリアにさせてから
眠る前は幸せな気持ちで、なりたい自分を描き、強く信じましょう♪
しっかりに言い聞かせて眠りについてくださいね!

自分らしさを大事に!ストレス解消!

私達の頭の中は絶えず色々な考えが、浮かんでは消え・・・を繰り返しています。
明日何を着ていこうかな?明日の天気はどうだったかな?~後で確認しなきゃ。
ご飯何食べようかな?昼何食べたっけ?職場での事を思い出し・・・
といった風に次から次に頭には色々な事が浮かんできて止めることはできません。

こうして浮かんでくるいくつかの考えにはネガティブなものもあり、
考えているうちにネガティブな方に変化する場合もあったりと、
気づかないうちに、頭の中で感情に振り回されていることがあリます。

そうなると脳はストレスでいっぱいになり、いつしか心も体も疲弊してしまいます。
仕事や勉強に実が入らず集中できない為に成果も上がらなくなってしまい、
益々落ち込むという悪循環におちいることも・・・

日々穏やかに過ごせればいいのですが、何かとストレスの多い現代ではそうもいきません・・・
そんなストレスを抱えた方におすすめなのが「マインドフルネス」です。
自分の思考に気づき「今に」意識を向けることでストレス解消し、
自分らしく、ありのままを受け入れることができるようにしていく方法です。

ミモザ整体院では、まず体からリラックスすることが有効であるとして、
整体とマインドフルネスを組み合わせて行っています。
詳しくはこちらをご覧になって下さい→ ミモザ整体院HP

アップルの創始者スティーブジョブズも行っていた「マインドフルネス」
あなたもストレス解消して心軽やかになりませんか?

体の安定が意味するもの

先日、脊柱を何度も手術したという方の施術をしました。
腰椎、胸椎、頸椎と、一時期は歩けなくなり、
医師も今後は車いす生活になるかもしれないと思ったほどだったが
手術後歩けるようになり回復したそうなのですが。
その数年後に、腰痛を発したという事です。

体は左に大きく傾き、歩くのも左右に大きく体を揺らすように歩くことしかできません。
手術は圧迫箇所を削ずる処置なので、根本的な改善には至らなかったのでしょうか。
整体やカイロプラクティックの視点で見ると、原因はあきらかです。
関連個所の筋肉を慎重に調整し、骨盤のズレを正して脊柱を整えると
体の傾きはだいぶ軽減しました。

数回の継続した施術を行ってきましたが、
少しずつ体の傾きは元に戻り施術直後は痛みは消失しています。
当院の施術を受けた後、しばらくすると痛み出したが、
回数を重ねると(痛みが生じ始める迄の)間隔は長くなってきたと言います。
体の安定が持続してきているようです。
持病もあるという事でしたが筋力の低下がみられていたので
栄養状態のお話もお聞きし、健康のメカニズムや栄養の大事さも提案してきました。

体の傾きから生じる症状と考えられる、めまいや、平衡感覚のズレ、
頭を傾けると転んでしまう等の症状も改善されたそうです。
集中力もよくなったといいます。
何よりも痛みから解放され元気になったという事なので
本当によかったです。

体のバランスを崩すと体幹のズレで側頭骨が左右不均等になり
三半規管に影響を及ぼすと考えています。
その他にも、神経伝達がうまくいかない事で反応が遅れてつまずきやすかったり
栄養の運搬にも影響し筋の衰えが進んでしまうこともあるように思います。
ストレスや過労などで栄養の摂取や吸収が低下すると
栄養状態は低下します。
痛みや不安で安心できず不眠になると消化酵素の生産にかかわりますから
ますます栄養不足は加速します。
そうすると神経伝達に影響し負の連鎖も起こりやすくなります。

腰痛の改善で来られた患者さんが
体を整えていくと原因不明と言われるメニエール病も改善したというケースも
体幹が安定し側頭骨も整うと三半規管の機能が正常化され
リンパ液の排泄、循環もよくなる為に改善がそくされるのではないかと思われます。
その他にも、
めまいや頭痛が改善してしまうのもそういった理由からではないでしょうか。
断定や「治ります」とは言えませんが・・・

脊柱を整える事、体を安定することが
数々の体の不調の改善に繋がっていると
患者さんからの報告や、目の前で患者さんの体が整っていくのを見ていると
日々、そう実感しています。
この仕事を始めた時よりも私の中でますます確信になっています。

体の不調、もしかしたら体幹のズレ体が不安定なのが原因かもしれません。
気になる症状がある方は是非ご相談ください。
ミモザ整体院HP http://sachi-seitai.jp