年齢を重ねると変化してくる

40代になると、女性は体のあちこちに変化を感じてくるようです。
実際にあらわれる肉体的な変化をして
「(これまでと同じような生活パターンなのに)何だか疲れる」
「歩くのが遅くなった」
「肌がカサカサしてきた」
「(今までと同じ様に)歯を磨いているのに口腔内が気になる」
メンタル面では
「(今迄は大丈夫だったことも)めんどくさく思える」
「以前は楽しかった事も楽しいと思えない」
など、という事が起こってくるようです。

年齢を重ねる事や、ホルモンバランスの変動で、
太りやすくなって、見た目の変化も気になるところです。

どうしていったらいいのか不安になれば、
家族関係、仕事、友人関係など、多くの事に関連してしまいます。

体の変換期は、一度、自分の体(健康)を見つめる時であり、
生活を見直してみるいい機会だと思います。

少し重く感じてしまうかもしれませんが
「どう生きたいのかを考える時」でもあるように思います。

太く長く生きたければそのままでもいいと思います。
そう生きたいのであれば・・・その人の自由であるのだから・・・

でも少しでも長く健康に生きたいのであれば、
ゆっくりパースに変えたり、もしくはどこか時間短縮できるところ探すことで
帳尻を合わせたりと、色々方法はあるはずです。
自分の身体の状態に合わせた生活スタイルを見つけて、
自分の人生を悔いがない様にしていただきたいです。

思っているよりも意外に人生は短いかもしれないし、
普段はあまりそうは考えないですよね。

もう少し歳を重ね、
「あ、こうしておけばよかった・・・」と
後悔しない様に!

それから、
個人的には、男性は50代で変化が訪れるように思います。
もちろん個人差はあるとは思いますが、
女性は男性に比べ体力も少なく、妊娠出産で体に受けるリスクもあり、
ホルモンの変動で体を調整する為に労力が必要になる体と考えられます。

パートナーの方が同年代だと、この辺で、
女性と男性とでズレが生じるのではないかとも思えます。
体の変化に対して真っ只中の女性と、
まだ変化を実感していない男性は(当然のごとく)その事にうとく、
理解できないせいで、相手を思いやることが出来なかったり
何気ない言葉などで、些細な事でも衝突したりすることもあるのではないでしょうか?
男性側が変化に気づくずっと前に、女性の側では少し休みたいというように変化しているのです。
時間が必要だったりするのです。

女性の方で、この仕組みがしっかり理解できていて、対策も取られていれば、
男性の言う事を上手くかわしたり、対応が出来るのですが、
対策していないと必要以上に傷ついてしまったり、やる気をそいでしまう事になったり、
また、(それ迄と同じ様にしたりと)無理をしてしまえば、症状が悪化したり、
変動期が長く続いてしまったり、(体に負担がかかりますよね)
更年期によるうつ症状になってしまったりと、
危険をはらんでしまう可能性もないとは言えません。

この先に、夫婦で補い合い・支え合い・穏やかな老後を描いていても、
この期間をうまく乗り切れないと・・・和やかな老後が送れるかは微妙かもしれません。

「食べる事」、「体を休ませる事」、「体を整える事」が大事です。
そして、自分はこの先、どうしていきたいか?
一度考えてみてはどうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。