ムクミ!気になりませんか?ミモザ整体院のリンパケア

施術中にムクミが気になるという相談を受けました。
ムクミの施術メニューとして、
ミモザ整体院では、リンパケアを用意しています。

リンパケアでは、
お体の気になるところだけのアプローチだけではなく
お体全体の循環をそくすケアをしています。
体内の液体の循環は身体全体が整わないと意味を成しません。
体の中を流れている「リンパ液の流れ方」をみると
良く分かります。
リンパ液が集まるリンパ節の場所、
リンパ液の最終到達地点、
要所要所で重要な箇所。等々、
ミモザ整体院のリンパケアでは、
解剖学的に理にかなう方法で、
リンパ液の流れを整えています。

そして、リンパ液の循環をよくする為に
まず最初に、整体を行い骨格を整えます。
流れをせき止めるような(流れにくい)箇所があれば
せっかくのケアもあまり意味がなくなったしまいますよね。

より良く改善出来る方法を考え続けています。

冷えの改善にもいいと思われます。
以前来られた方は定期的に受けられ
カラダがスッキリした事と、肌アレも良くなったと喜ばれていました。

リンパ管は比較的、体の表層を走っています。
強くゴリゴリ揉んでは、替えって傷付けてしまいます。
炎症すればもっとひどくなってしまう事もあります。
修復に時間がかかることもあります。
かと言って弱すぎれば、あまり意味がなくなってしまいます。

丁度いい加減が必要になります。
受けられる方それぞれの皮膚の弾力の違いも関係します。

中々自分ではケアしにくいのかもしれません。

ムクミと言えば夏場に気にされる方もいるかもしれませんが、
春になって、体が動きだそうとする頃、
でも体は春に乗り切れないと、
動きが悪くなったり、同時にリンパ液の循環も
停滞する事があります。

季節の移り変わりに具合が悪い人はその傾向があるかもしれません。
おそらく自律神経も乱れがちですよね。
あと、冷えも感じるのかもしれません。
頭痛の症状もあるかもしれませんね。

体全体の循環をよくして、
スッキリと春の季節に
体を目覚めさせましょう♪

ミモザ整体院 HP https://sachi-seitai.jp/
リンパケアのページ https://sachi-seitai.jp/lymphatic.html

自分の体を知ろう!あなたに合うストレッチ法は?

腰痛で来られている患者様。
立ち仕事なので、定期的にメンテナンスされています。

年齢を重ねてくると・・・
(もちろんお若い方でも)
普通に生活をしているだけなのですが、
その方その方の生活には、
「癖」があります。

仕事での動きであったり、
暮らしている環境であったり、
(座っている椅子、家具の配置など…)
行き帰りの乗り物の乗り方であったり、
スポーツによっても動き方が違ったりします。

また、これらの行動や環境を変えた事によっても
体の動きが変わり、体の調子を悪くしたり、
(運良く、快調になったりすることがあるかも・・・確率は低そうですが・・・)
という事も、あります。

癖がそのまま、あなたの身体をつくり、
正しい位置からズレを起こすと、
限界を超えた時に、
痛み出したり、体の不調になっていったりしていしまいます。

限界を超える・・・とはどういう時のことでしょうか?
ズレがひどくなる時だけではありません。
疲れがたまったり、労働がいつもよりも長く続いたりして筋疲労が起こると、
体を支えられなくなってしまい限界が来ることもあります。
体の疲労はなくとも、
ストレスがかかることで体が日常の動きに対応できなくなって限界がくることも考えられます。
ストレスで食事がおろそかになっても身体(筋肉)が)ちゃんと作られません。
無理していなくても、ストレスが無くても、
年齢を重ねると、筋力は低下したり、体の再生能力が衰えれば
カラダはちゃんと作られないと考えられます。

色々な要因で限界は起こると言えます。
カラダがしっかりと作られなくなるだけでなく、
カラダは日々の動きや加齢によって縮んでいると考えられます。

ミモザ整体院ではそれらの説明を行い、
患者さん一人一人にあった注意点も説明しています。
ご自分の体を知っていただくことが、
改善には必要な事だと思っています。
日々、何時も、直そうと思ってしまうので、
そう思えれば日常は自然と変わっていき、
無理なく正すことが可能です。
知らなければ、そのまま。ですものね!

受け手も理解していれば、施術もスムーズに進みます。
リラックス効果も生じます。納得できるから。

本日の患者様も「スッキリとした」と言われ帰られました。
ストレッチ、頑張って下さいね!

mimosa ミモザ整体院 HP https://sachi-seitai.jp

夏の疲労とムクミの関係

朝晩はいくらか気温が下がってきたようで、
少しは暑さも和らいだと思っていたら・・・

昨日は夜になっても気温が下がらず、湿度も髙かったように思います。
今日は朝からジリジリと日差しが強く、残暑がきびしいですね。
患者さんも汗いっぱいかかれて来られました。

暑さのせいで、冷たいものを飲まれたり、
無意識のうちに塩分高めの食事になっています。
熱中症予防には塩分はもちろん必要です。
ですが、わりとエアコンの効いている中にずっといる人や
あまり動いていない人は気を付けてほしいです。
体を冷やしすぎたり、塩分を
摂らないのも、摂り過ぎもよくはありません。

この時期から、秋にかけてムクミが生じやすくなります。
さほど動いていなくあまり汗をかかないのに塩分高めな食事をしていると
食した塩分が水分を抱えてしまい体の外に出されずにムクミとなる事が考えられます。
でもそれだけではなく、もっと複雑なメカニズムも存在しています。

夏の疲れで疲労した内臓は、冷たいものを飲んだり食べたりすると
体温を上げる事にエネルギーを消費され益々疲労してしまいます。
消化吸収が悪くなり更に内臓は働きが悪くなってしまいます。
なら痩せるかしら~なんて、単純な事ではありませんよ。
ちゃんと内臓が働けないと、エネルギーが作り出せずに→
動けない体になり、太りやすい体になってしまいます。
それだけでなく、ちゃんと体が作られないと夏バテだけではなく病気のリスクも上がってしまいます。
免疫の低下も起こしやすくなります。
エネルギーを作り出せない体は体温を上げる事が出来ず、
冷たいものばかり食べていては更に体温は下がります。
体温が一度低いだけで、免疫力はかなり違うと言います。

体がしっかり作られないと排泄力が落ちます。
泌尿器系の内臓が疲弊すれば尿を作り出すシステムも狂いを生じ、
体内の様々なバランスが崩れる可能性があります。腎臓の機能を知れば分かります。
消化器系が疲弊すれば、エネルギー吸収に関わり、腸からの水分の吸収も滞れば便秘を起こし、
体の不要なものが停滞します。
それら内臓の動きを指揮する脳も疲弊し、神経系も疲弊します。
自律神経が乱れるとさらに様々な症状を引き起こします。
栄養素の吸収や変換が滞れば、細胞は水分を保持することが困難になり、
そもそも細胞自体がしっかりと作られなくなり病の元にもなりかねません。
余った水分を排泄できないとムクミが生じます。

体に水分が余分に溜まっていると、
圧迫感を感じ、中には頭痛を起こしやすかったり、
普段それほどひどくはない神経圧迫も感じやすくなることも考えられます。
頭が締め付けられるように感じ、イライラや、睡眠の質にも関わり
だるくて夜眠れず、疲れも取れないので、
朝、スッキリと起きられないような事も生じてくる可能性があります。
あまり良く眠れないには暑さのせいだけとは限らない事が考えられます。

しっかり眠れないと消化酵素もちゃんとは作られないので、
翌日の消化や栄養吸収に関わる為、また体がしっかり作られないという
悪循環のスパイラルに陥ると考えられます。
体の機能があちこちで低下してしまっている段階から改善させるには、

水分、塩分の摂り過ぎから、事が生じていたとしても、
体を冷やさないような食事を摂ったり、多すぎる水分摂取を控えるだけでは元に戻らなくなります。
体の機能が回復させるには、しっかり養生していく必要があります。
体の元になる、しっかりとした栄養をとり、運動して体を動かし、
リンパの流れを正常化させる必要があります。

これから、秋になると体は気候の変化に対して体を調整し始めます。
夏モードから秋モードへ変化させます。
その時、夏の疲れも解消されないままだと体に負担がかかるのです。
そして、ホルモンバランスが変わることに差し掛かっている場合や、
加齢で体力が落ち端寝ている時は、更に体に負担がかかる事が考えられます。
充分に養生が必要になってきます。

その先には冬支度も始まります。
しっかり体を整えて、残暑を乗り切りましょう!

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

リンパケア http://sachi-seitai.jp/lymphatic.html

食についてのブログ
「ミモザ整体院の「食」を考える日記」 https://ameblo.jp/mimosa-seitai