首の傾き 腰痛

「腰痛」で、来られた患者様。40代。
立ち仕事で、疲れてくると痛くなると言われていました。
来ると良くなるからと、2週間に1回のペースで通われていました。

最初はなかなか症状が変化することがありませんんでした。
首の傾きがあり、これは日々の癖により、徐々に傾いてきたものとは違う様に感じていました。
転びそうになって手をついたことがあることが判明しましたが、
ご自身ではケガのような大きな衝撃とは感じていなかったそうです。

私の見解としては、
衝撃の大小ではなく、その瞬間に骨が動いてしまったかどうかと、
筋拘縮が起きていたかということを重要視しています。
その他にも、
その事を記憶しているかという事も重要視しています。

骨格がどうズレを起こし、その事で体全体がどうバランスをとって
今の状態にいったのかを検証します。
これは体の仕組みを理解していることと、数多くの臨床経験がないと
正しい検証が出来ません。その後、体はどう変化を起こす可能性があり、
患者がどの点を注意しなければならないかという事を説明できないと、
充分な改善には至りません。
検証の結果を踏まえ正しい改善を目指し、体の調整(施術)を行います

又、これらの点を患者側に分かり易く説明が出来ないと施術は不十分な結果に終わってしまいます。

他にも
患者との信頼度、(言われていることに信ぴょう性があるか=信頼して大丈夫か)
により、大きく結果は変わってきます。

これらのことで、改善が難しい症状の改善であっても、
患者さんは安心して通う事が出来ます。

それぞれの症状はそれぞれの違いがあり、理由も様々です。

こちらの患者様は、日々の姿勢の乱れによる骨格の歪みではなく、
事故的な、局所に加わった力によるズレを起こしていました。
施術の方法も他の理由の時とは違う施術も組み込んで行い、より一層スムーズな改善が実現しています。
通常ではあまりない方向へのズレなので、少々お時間はかかりますが、
改善はみられています。

「いつもなら繁忙期はつらかったのが、楽になりました。」
と言われています。

骨格、脊柱のズレは自律神経を刺激し、体のあらゆる不調に影響を及ぼす可能性があります。
眠れない、疲れやすい、食欲がない、もたれる、肩コリ・痛み、背部痛、腰痛、頭痛、めまい等、
また、骨格の乱れにより体内の循環が滞れば肥満やムクミ、便秘、下痢、メニエール等の症状を起こす可能性もあります。
婦人病や更年障害などにも影響することもあります。

もし、思い当ることや、からだに多くの不調を抱えている場合は、
一度しっかり調べてみませんか?

ミモザ整体院 HP https://sachi-seitai.jp/

浅い眠り

「眠りが浅い」と言われるご相談をよく受けます。
40代以降に多い相談の一つです。
その他にも、
「めまい」
「疲労がとれない」
等、女性に多い「肩のコリ」と合わせご相談が多いです。

めまいにしても、これまで経験がなくびっくりされる方がほとんどです。
これまでは、「すぐに眠れるし、朝まで爆睡だったのに」と言われます。
めまいにしても、「今迄こんなに足がふらつくようなめまいなんてしたことなかった」と言われます。

どちらも共通しているのが「今迄、なかった」という事です。
年齢を重ね、丁度ホルモンのバランスが変化する頃で、
実は様々なところで変化が生じてくる頃です。
やはり、今迄の様にはいかないという事もありようです。

特に今年は想像も出来なかったことが起きて、生活スタイルを大きく変える必要があった状況でした。
そんな中、変化をしていく体を抱え、多くの人がストレスを抱えてしまった状況にあるように感じます。

ここ、ミモザ整体院に来られた方は、施術がすすむと皆さんいつものウトウトを越し
一瞬、スッと寝てしまう方が多かったように思われます。
おそらく、家でもなんとなく緊張状態にあり、しっかり熟睡できていないのではないかと思われます。
施術を通しても、いつもとは違う様子が感じとれました。

力が抜けるのは、骨格の歪みが矯正され体のストレスから解放されるからです。
そのままでいたら、不眠で疲労が増すことや、眠れない事で、精神的なストレスを生むことにもなります。
早いうちの改善が望まれます。

10代の方のご相談も増えています。
もともと思春期にある年頃の脳は、「周囲の様子を敏感に感じ取る」とも言われます。
このような状況下ではそのような事が更に拍車をかけていると思われます。
事実、このコロナ禍で若い人に自殺者が多いようです。
生活習慣の変化で、睡眠メカニズムの調整が崩れてしまっている事もあるようです。

いずれにしても体ストレスを取り除く事と、
精神面での改善も必要に思います。

年齢を重ねた、肩はリラックス法として、呼吸を整える事と
自分が心からホッとできる事、楽しめる事を、意識的に増やして言って下さいね。
気持ち多めでないと、少々の事では癒しは足りない位なのです。
生活の中で、「癒し倍増」で楽しんでいきましょう♪
人を笑わすのでもいいですよ♪♪

若い人にはこれ!! →「希望」です♪
希望を持って目標を定めて下さいね!
「誰か」や「社会」に期待しないで、「自分」に期待しましょう♪

しばし努力の積み重ねになりますが、自分のしてきたことはちゃんと残ります。
たとえ誰かに認められなかったとしても。
誰かの評価は不確かである可能性もあります。

悲観せず、周囲に期待するのは止めて、自分を磨きましょう♪

この状況を前向きに乗り越えましょうね♪
(^^)/
自力では無理・・・と言われる方はご相談くださいね。

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

「気温差で鬱っぽい」を、変えていくには・・・

このところ、雨も多く、気温差も激しく、
(今日は日陰にいると寒いくらいでした)
台風も繰り返し発生しています。

体調が悪いという方も多いのではないでしょうか。
ご相談も多くなっています。

気温差が激しいと「ウツ」を発しやすくなるというデータもあるようです。
気温差が激しいという事は、
体の中で、その変化に対応しようと、
いつもよりもエネルギーを消費しやすくなるため、
体が疲れやすくなります。
それが続けば、脳が疲労してきます。

年齢的にホルモンバランスの変化がある時は尚更
疲れやすくなる推測できます。
この身体の疲労と、脳疲労が、
「やる気の低下」を招き、
気分もすっかり落ち込ませることになると考えられます。

天候や、体のだるさから外へ出なくなれば、
筋力も下がり、体は重くなり益々外へ出る気が起きません。

元々ネガティブな思考であれば、
更にこの状態は加速していきます。

さて、この状況を打破するには
最少はだるくても動く事です。
注意点は、
動いたことで更にダルクなれば少々疲れがたまっているので
しっかり寝る事に集中しましょう!

動くと少し元気が出ると分かってはいるけれど、
どうしても「動く気になれない」
という場合は、
「脳を元気に」することです。

”夢中になれる事、好きな事”をやってみる♪

夢中になると脳はストレスから解放されます!
ストレスから解放され、気持ちがよくなれば、
自律神経も整い、良く眠れます。
良く眠れれば、自然と体は楽になり体調は整ってきます。

注意:「好きな事、夢中になれる事」は、
後で後悔しないもの、にして下さいね!
後悔してしまえば、新たなストレスを生み出してしまうので・・・

それでも、
「どうしたらいいかわからない」という方は、
「マインドフルネス」や「整体」がおすすめです。

体が整うと、自然と力が抜けて、リラックスできる体になるからです。
呼吸も楽になり、自律神経が整うという声が多いです。

体のストレス、脳のストレスを軽減する事が
とても必要に思えます。

ホルモン変動の時期にある方は、

アロマもおすすめです♪
「ゼラニウム」
ローズに似た香りで、心身のバランスを整える作用があると言われます。
リンパ系にも作用し、水分バランスの手助けをして、
(むくみがあれば排泄を促し、水分の調整がとれれば体はスッキリとするので
気持ちもスッキリとできる器が出来ます)
感情には、落ち込んだ気持ちを引き上げ、イライラを鎮め、
上手にバランスをとるよう促すと言われています。
アロマテラピーで、女性特有の症状に対して扱う精油としてよく利用されています♪

「ゼラニウム」に「ラベンダー」や「レモン」、「ローズマリー」をブレンドするのもおすすめ♪
お好みの香りを作ってみて下さいね♪

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/