首の傾き 腰痛

「腰痛」で、来られた患者様。40代。
立ち仕事で、疲れてくると痛くなると言われていました。
来ると良くなるからと、2週間に1回のペースで通われていました。

最初はなかなか症状が変化することがありませんんでした。
首の傾きがあり、これは日々の癖により、徐々に傾いてきたものとは違う様に感じていました。
転びそうになって手をついたことがあることが判明しましたが、
ご自身ではケガのような大きな衝撃とは感じていなかったそうです。

私の見解としては、
衝撃の大小ではなく、その瞬間に骨が動いてしまったかどうかと、
筋拘縮が起きていたかということを重要視しています。
その他にも、
その事を記憶しているかという事も重要視しています。

骨格がどうズレを起こし、その事で体全体がどうバランスをとって
今の状態にいったのかを検証します。
これは体の仕組みを理解していることと、数多くの臨床経験がないと
正しい検証が出来ません。その後、体はどう変化を起こす可能性があり、
患者がどの点を注意しなければならないかという事を説明できないと、
充分な改善には至りません。
検証の結果を踏まえ正しい改善を目指し、体の調整(施術)を行います

又、これらの点を患者側に分かり易く説明が出来ないと施術は不十分な結果に終わってしまいます。

他にも
患者との信頼度、(言われていることに信ぴょう性があるか=信頼して大丈夫か)
により、大きく結果は変わってきます。

これらのことで、改善が難しい症状の改善であっても、
患者さんは安心して通う事が出来ます。

それぞれの症状はそれぞれの違いがあり、理由も様々です。

こちらの患者様は、日々の姿勢の乱れによる骨格の歪みではなく、
事故的な、局所に加わった力によるズレを起こしていました。
施術の方法も他の理由の時とは違う施術も組み込んで行い、より一層スムーズな改善が実現しています。
通常ではあまりない方向へのズレなので、少々お時間はかかりますが、
改善はみられています。

「いつもなら繁忙期はつらかったのが、楽になりました。」
と言われています。

骨格、脊柱のズレは自律神経を刺激し、体のあらゆる不調に影響を及ぼす可能性があります。
眠れない、疲れやすい、食欲がない、もたれる、肩コリ・痛み、背部痛、腰痛、頭痛、めまい等、
また、骨格の乱れにより体内の循環が滞れば肥満やムクミ、便秘、下痢、メニエール等の症状を起こす可能性もあります。
婦人病や更年障害などにも影響することもあります。

もし、思い当ることや、からだに多くの不調を抱えている場合は、
一度しっかり調べてみませんか?

ミモザ整体院 HP https://sachi-seitai.jp/

ウイルスから身を守る為に必要な事は

今日は冷えますね!
気温が低くなってから、
外に出る時には、
「腹巻」「レッグウオーマー」を付けて・・・
と防備をしっかりとしています。
それからお風呂から上がったら、
すぐに靴下をはき足を冷やさない事、
髪をすぐに乾かす事。

年齢を重ねてくると、
エネルギー消費を気にかける必要があります。
女性ホルモンの変動や、
気温差による体内での調整、
体の細胞の修復や再生(生まれ変わり)
体の中では様々な調整などに
エネルギーが使われています。

体の機能を
これまでのように(元気な頃の時のように)ただ何もしないでいるのと、
体の機能がスムーズに働くように手助けしてあげるのでは、
この先に大きく差が出てくると思われます。

年齢を重ねるだけで、体の細胞は傷ついているそうですよ。
その細胞を修復している所に、
暴飲暴食、もしくは栄養を与えないような偏った食事や断食したり、
睡眠時間を削ったり、ストレスで副腎皮質にダメージを与え、ビタミンCを消費していると
体は不完全にしか作り上げる事ができません。

そこにウイルスなど細菌が攻めてきたりしたらどうでしょう、
もしくは自分の細胞が不完全では、細胞のミスプリントが起きやすいと言えますよね。
外部からの侵入者を防ぐことがで出来なかったり、
悪い細胞を作り出してしまうリスクがあるという事を
充分知って下さいね!

体に本当に必要な栄養素を摂取する事、
充分な休息、
ストレスをはねのける、明るく前向きな精神状態、
これらが健康にそして若さには必要になります。

そして、体の機能がうまく働くように
脳と内臓(各細胞)とのやりとりをする神経伝達。
神経の通り道がしっかりと確保されることが健康に大きく関わると言えます。
その為に骨格を整える必要があります。

日々のこまめな体をいたわる習慣と、
骨格を整える事の大事さを、
今この季節の変わり目に、
充分に考えていただけたらと思います。

「ミモザ整体院の食を考えるブログ」 https://ameblo.jp/mimosa-seitai/の中で
「40才を過ぎたら気を付けて。栄養吸収の衰え。内臓疲労。」に詳しく書いていますので合わせてご覧ください

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

夏の疲労とムクミの関係

朝晩はいくらか気温が下がってきたようで、
少しは暑さも和らいだと思っていたら・・・

昨日は夜になっても気温が下がらず、湿度も髙かったように思います。
今日は朝からジリジリと日差しが強く、残暑がきびしいですね。
患者さんも汗いっぱいかかれて来られました。

暑さのせいで、冷たいものを飲まれたり、
無意識のうちに塩分高めの食事になっています。
熱中症予防には塩分はもちろん必要です。
ですが、わりとエアコンの効いている中にずっといる人や
あまり動いていない人は気を付けてほしいです。
体を冷やしすぎたり、塩分を
摂らないのも、摂り過ぎもよくはありません。

この時期から、秋にかけてムクミが生じやすくなります。
さほど動いていなくあまり汗をかかないのに塩分高めな食事をしていると
食した塩分が水分を抱えてしまい体の外に出されずにムクミとなる事が考えられます。
でもそれだけではなく、もっと複雑なメカニズムも存在しています。

夏の疲れで疲労した内臓は、冷たいものを飲んだり食べたりすると
体温を上げる事にエネルギーを消費され益々疲労してしまいます。
消化吸収が悪くなり更に内臓は働きが悪くなってしまいます。
なら痩せるかしら~なんて、単純な事ではありませんよ。
ちゃんと内臓が働けないと、エネルギーが作り出せずに→
動けない体になり、太りやすい体になってしまいます。
それだけでなく、ちゃんと体が作られないと夏バテだけではなく病気のリスクも上がってしまいます。
免疫の低下も起こしやすくなります。
エネルギーを作り出せない体は体温を上げる事が出来ず、
冷たいものばかり食べていては更に体温は下がります。
体温が一度低いだけで、免疫力はかなり違うと言います。

体がしっかり作られないと排泄力が落ちます。
泌尿器系の内臓が疲弊すれば尿を作り出すシステムも狂いを生じ、
体内の様々なバランスが崩れる可能性があります。腎臓の機能を知れば分かります。
消化器系が疲弊すれば、エネルギー吸収に関わり、腸からの水分の吸収も滞れば便秘を起こし、
体の不要なものが停滞します。
それら内臓の動きを指揮する脳も疲弊し、神経系も疲弊します。
自律神経が乱れるとさらに様々な症状を引き起こします。
栄養素の吸収や変換が滞れば、細胞は水分を保持することが困難になり、
そもそも細胞自体がしっかりと作られなくなり病の元にもなりかねません。
余った水分を排泄できないとムクミが生じます。

体に水分が余分に溜まっていると、
圧迫感を感じ、中には頭痛を起こしやすかったり、
普段それほどひどくはない神経圧迫も感じやすくなることも考えられます。
頭が締め付けられるように感じ、イライラや、睡眠の質にも関わり
だるくて夜眠れず、疲れも取れないので、
朝、スッキリと起きられないような事も生じてくる可能性があります。
あまり良く眠れないには暑さのせいだけとは限らない事が考えられます。

しっかり眠れないと消化酵素もちゃんとは作られないので、
翌日の消化や栄養吸収に関わる為、また体がしっかり作られないという
悪循環のスパイラルに陥ると考えられます。
体の機能があちこちで低下してしまっている段階から改善させるには、

水分、塩分の摂り過ぎから、事が生じていたとしても、
体を冷やさないような食事を摂ったり、多すぎる水分摂取を控えるだけでは元に戻らなくなります。
体の機能が回復させるには、しっかり養生していく必要があります。
体の元になる、しっかりとした栄養をとり、運動して体を動かし、
リンパの流れを正常化させる必要があります。

これから、秋になると体は気候の変化に対して体を調整し始めます。
夏モードから秋モードへ変化させます。
その時、夏の疲れも解消されないままだと体に負担がかかるのです。
そして、ホルモンバランスが変わることに差し掛かっている場合や、
加齢で体力が落ち端寝ている時は、更に体に負担がかかる事が考えられます。
充分に養生が必要になってきます。

その先には冬支度も始まります。
しっかり体を整えて、残暑を乗り切りましょう!

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

リンパケア http://sachi-seitai.jp/lymphatic.html

食についてのブログ
「ミモザ整体院の「食」を考える日記」 https://ameblo.jp/mimosa-seitai