整体を受ける時どれ位の頻度で通えばいいのか・・・産後のケース

産後の腰痛。
施術していて感じるのが「だいぶ疲労されているな」ということ。
頭がずっしりと重く重いだけでなく言葉で例えられないような感触があります。

お子さんを預けながらで、施術もまちまちになってしまいましたが、
最初に説明させていただいたので、身をもって実感されたようで、
患者様の方から「もっと間隔をあけずにした方がいいみたいですね」
と、言われました。

疲労が大きい場合は、施術して整えた体が維持しにくい事があります。
(個人差もありますが)整体で機能改善を促しても、
体が休息を必要としている場合は、体を休ませる以外に変わるものはありません。
ただ、骨格を整える事で機能しやすい体にしてあげると
回復の度合いには違いがでると考えられるので
両方からのアプローチがいいと言えるのではないでしょうか。

改善計画を説明し、日常での注意点、何故それが必要になるのか、
具体的な体のメカニズムも説明しました!
頑張っていきましょう!!

・・・
出産という大仕事の後、休む間もなく子育てに入り・・・
環境によって手を借りれない場合は心身の疲労は計り知れません。
年齢を重ねているとそれだけ回復力も低下している為に、
更に疲労は増してしまいそうです。

ひとつの命を守り、育てるという、「責任感」が
支えでもあり、また、無理してしまう元にもなってしまうように思われます。

日常でやらなければならない仕事は山のようにあるかもしれませんが、
体力には限りがあるので、時間短縮法や、優先順位決めで、
出来る限り体を休ませて充分に養生され、回復させることも必要に思います。

一生懸命でいると先が見えにくくなってしまうもの。
子育てに追われ、自分の健康を後回しにしがち。
ですが、十年後、二十年後は必ずやってきます。
頑張ることだけでなく、休むことも手を抜かないで下さいね。
体が回復出来たら、楽しむことも手を抜かず、
体も心もhappyにしましょうね♪

女性の身体は生涯のうちに、ホルモンの影響を大きく受けています。
そのメカニズムを正しく知り、上手にホルモンと付き合っていく事が
心も体も楽に、変動期でもスムーズに過ごせるコツではないかと思います!

ミモザ整体院 HP https://sachi-seitai.jp/

ウイルスから身を守る為に必要な事は

今日は冷えますね!
気温が低くなってから、
外に出る時には、
「腹巻」「レッグウオーマー」を付けて・・・
と防備をしっかりとしています。
それからお風呂から上がったら、
すぐに靴下をはき足を冷やさない事、
髪をすぐに乾かす事。

年齢を重ねてくると、
エネルギー消費を気にかける必要があります。
女性ホルモンの変動や、
気温差による体内での調整、
体の細胞の修復や再生(生まれ変わり)
体の中では様々な調整などに
エネルギーが使われています。

体の機能を
これまでのように(元気な頃の時のように)ただ何もしないでいるのと、
体の機能がスムーズに働くように手助けしてあげるのでは、
この先に大きく差が出てくると思われます。

年齢を重ねるだけで、体の細胞は傷ついているそうですよ。
その細胞を修復している所に、
暴飲暴食、もしくは栄養を与えないような偏った食事や断食したり、
睡眠時間を削ったり、ストレスで副腎皮質にダメージを与え、ビタミンCを消費していると
体は不完全にしか作り上げる事ができません。

そこにウイルスなど細菌が攻めてきたりしたらどうでしょう、
もしくは自分の細胞が不完全では、細胞のミスプリントが起きやすいと言えますよね。
外部からの侵入者を防ぐことがで出来なかったり、
悪い細胞を作り出してしまうリスクがあるという事を
充分知って下さいね!

体に本当に必要な栄養素を摂取する事、
充分な休息、
ストレスをはねのける、明るく前向きな精神状態、
これらが健康にそして若さには必要になります。

そして、体の機能がうまく働くように
脳と内臓(各細胞)とのやりとりをする神経伝達。
神経の通り道がしっかりと確保されることが健康に大きく関わると言えます。
その為に骨格を整える必要があります。

日々のこまめな体をいたわる習慣と、
骨格を整える事の大事さを、
今この季節の変わり目に、
充分に考えていただけたらと思います。

「ミモザ整体院の食を考えるブログ」 https://ameblo.jp/mimosa-seitai/の中で
「40才を過ぎたら気を付けて。栄養吸収の衰え。内臓疲労。」に詳しく書いていますので合わせてご覧ください

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp/

肩の痛み、肩の違和感、肩がだるい、肩が変な感じ

肩がものすごく痛い訳ではないけれど、なんか重だるいような、
でも段々疲れてくると痛くなる。
気が付くと肩を回したり、さすっていたりと
「何とかならないかしら」という症状。

長期間にわたる違和感なので、慣れてしまっているようですが
毎日の不快感は積もり積もればストレスも大きく、
何かのきっかけや、別の要因(肉体的ストレスだけでなく身体的ストレスもです)
と重なった時に、大きな痛みとして現れる事があります。

慢性化し、ごまかしごまかし放ってしまいがちですが、
その、ごまかしたツケが、ボンと爆発させないように・・・
また、他の要因と合わさり、

実は、
イライラしやすかったり、
落ち込みやすくなったり、
疲労がとれなかったり、
ストレスによる食欲増進で、太ってしまったりと・・・
肌荒れや、便秘、朝スッキリ起きられない・・・
等の、様々な症状に関係してくるかもしれません。
自律神経に関わってくると考えられます。

放ってはおけませんよね!!

こういった肩の不快な症状は、
クイックマッサージなどで、
肩をもみほぐしたぐらいでは、
ほとんどがよくならない、という声を多く聞きます。

そうです。肩の痛み、肩の違和感の、肩が上がらない等の症状の方の
ほとんどが腰の関節にズレが見られます。
そこを正しておかないと、
肩だけをほぐしても、気休めにしかなりません。

そして、それだけではなく。
背骨のズレも正すことが必要になります。
背骨のズレを整えずに施術を終えると、
肩の症状はスッキリと改善できない事が多いのです。

それだけでなく、
首や首と頭部の付け根に違和感が残ったり、
元々痛くなかったところに痛みや違和感が出てきたりもします。

40代50代になって長らく放っておいた肩の症状を改善させるには
全体的な体のバランスを見ながら、あちこちを整える必要が、
(どうしても)あるのです。
お時間もかかる事もあります。

ということで、
背骨の一つの不具合を見逃しては、
せっかく整体を受けても、
その長年の違和感は「解消できない」
という事になります。

ミモザ整体院 HP http://sachi-seitai.jp