首の傾き 腰痛

「腰痛」で、来られた患者様。40代。
立ち仕事で、疲れてくると痛くなると言われていました。
来ると良くなるからと、2週間に1回のペースで通われていました。

最初はなかなか症状が変化することがありませんんでした。
首の傾きがあり、これは日々の癖により、徐々に傾いてきたものとは違う様に感じていました。
転びそうになって手をついたことがあることが判明しましたが、
ご自身ではケガのような大きな衝撃とは感じていなかったそうです。

私の見解としては、
衝撃の大小ではなく、その瞬間に骨が動いてしまったかどうかと、
筋拘縮が起きていたかということを重要視しています。
その他にも、
その事を記憶しているかという事も重要視しています。

骨格がどうズレを起こし、その事で体全体がどうバランスをとって
今の状態にいったのかを検証します。
これは体の仕組みを理解していることと、数多くの臨床経験がないと
正しい検証が出来ません。その後、体はどう変化を起こす可能性があり、
患者がどの点を注意しなければならないかという事を説明できないと、
充分な改善には至りません。
検証の結果を踏まえ正しい改善を目指し、体の調整(施術)を行います

又、これらの点を患者側に分かり易く説明が出来ないと施術は不十分な結果に終わってしまいます。

他にも
患者との信頼度、(言われていることに信ぴょう性があるか=信頼して大丈夫か)
により、大きく結果は変わってきます。

これらのことで、改善が難しい症状の改善であっても、
患者さんは安心して通う事が出来ます。

それぞれの症状はそれぞれの違いがあり、理由も様々です。

こちらの患者様は、日々の姿勢の乱れによる骨格の歪みではなく、
事故的な、局所に加わった力によるズレを起こしていました。
施術の方法も他の理由の時とは違う施術も組み込んで行い、より一層スムーズな改善が実現しています。
通常ではあまりない方向へのズレなので、少々お時間はかかりますが、
改善はみられています。

「いつもなら繁忙期はつらかったのが、楽になりました。」
と言われています。

骨格、脊柱のズレは自律神経を刺激し、体のあらゆる不調に影響を及ぼす可能性があります。
眠れない、疲れやすい、食欲がない、もたれる、肩コリ・痛み、背部痛、腰痛、頭痛、めまい等、
また、骨格の乱れにより体内の循環が滞れば肥満やムクミ、便秘、下痢、メニエール等の症状を起こす可能性もあります。
婦人病や更年障害などにも影響することもあります。

もし、思い当ることや、からだに多くの不調を抱えている場合は、
一度しっかり調べてみませんか?

ミモザ整体院 HP https://sachi-seitai.jp/

首の痛みで来られ、「スッキリです」と帰られました(^^)/

大体いいのですが、今日は首が痛いです。
と来られました。

脊柱(背骨)にいくつかの不揃いになっている箇所がみられます。
腰の調整がいい具合に進んでいる患者さんです。

体の重心を左右する骨盤の状態を重点的に
静止した状態の、立ち姿をみて、
動かしたときの可動域もみます。

慎重に体の経過を観察し、現段階の状態を踏まえ、
本日は最終段階の調整に入ります。

背骨も調整し、骨盤も整い、首の緊張もとりながら頭部の位置バランスをとり
この患者さんの一番いいところを目指します。

そして、こちらの患者さんの日常の状態、
体の動かし方、体のクセ、からみて、
どうしたらいいかも考えていきます。

施術終了後は、「本当に気持ちいいです」
と言われました。
私もみていて、手ごたえを感じていました。
顔色もよくなり、(特に目の周りのくすみがとれています)
「スッキリです」と。

そして、体が整うので、
あるべき位置に、骨があるので・・・
・姿勢が良くなる。
・バストアップする。
・お腹も引っ込む。
・頭の位置も一番ストレスのかからない位置に収まります。
という事は、首、肩の痛みから解放されます。

と言うのは当たり前なのですが・・・

他にも、顔色が良くなり。
酸素もいっぱいに吸う事が出来ます。
(そうでなくても、マスク生活でなんとなく息苦しさはありますよね)

これは肩甲骨の位置にも関わります。
デスクワークや運動不足の方は特に気になりますよね。

よく、「肩甲骨を回してください」
とあちらこちらで言われると思いますが、
回したぐらいではだめなんですよね。
色々関連しているので・・・

こちらの患者さまに体が整った段階で、
肩甲骨の正しい動かし方をレクチャー致しました。
納得!といった表情で、
「だからか」と感心していました。
このタイミングが大事なので、
ホームケアの方を頑張って下さいね!とお伝えすると、
足取りも軽やかに帰られました。

「この状態が続いてほしいと」言われましたが、
私もそう望んでいます!!

お疲れさまでした!!

ミモザ整体院 HP https://sachi-seitai.jp/

長年の腰痛。

長年の腰痛や膝の痛み。

本来は体全体でまんべんなく力を分散させてバランスがとれると、
一か所に力が加わることもなく、負担がないのですが、
あちこち痛みがあると、かばってしまう為に、
痛みの無い所が代わりをしています。
でもそこにかかる負担は均一ではなく、
構造上負担の大きくなる箇所が出てきます。

そしてその状態が長く続くと
負担のある箇所の硬結はひどくなってしまいます。

そうして、いざ、治したいと言って来られると、
それはもう大変です!
(私もですが・・・)やはりお時間もかかってしまいますよね。

そして、「恐怖心」が大きいです。
それから、「自分は○○が痛い人」と、
自分で自分に暗示を強くかけてしまっているので
(長年痛みがつついていることにより思い込んでいるようです)
良くなっても自覚しにくく、
気づかせてあげる必要もあります。

だいたいは気づいてくれますが・・・
「これができなかった」
「こっちが向けなかった」が、
「あれっ、できます」と・・・

恐怖心の方は、色々な手法で解いています。

膝の痛みは、骨盤からの影響がないかを見ます。
(それから筋肉の状態。ヒザを支えるのは膝周りの筋肉です)

腰が痛いからと腰をもんでも解消できません。
腰や腰部脊椎を正しただけでも解消できません。
長い間に作られてしまった、
代償していた部位の硬結をうまく解消させる事が必要な場合もあります。
そして、その代償が他に及んでいる場合もある為、
関連個所のアプローチも必要になってきます。

結構な労力になります。
ですから、早め早めの施術を進めるには理由があります。
「変だな」は、放っておかないで下さいね。

ミモザ整体院 HP https://sachi-seitai.jp